ちらし寿司にも食べるルールがある

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

にぎり寿司は一口で食べるのが粋だとされているが、ちらし寿司はどうやって食べるのがいいのだろう。

ちらし寿司というのは、職人さんが見た目の美しさを意識して、精魂込めて盛り付けをしている。それをきれいに食べることが前提である。

よくない食べ方の例からいうと、いきなりネタの上全体にしょうゆを回しかけるのはNG。

また、しょうゆをつけたネタをお重やどんぶりの中に戻し、ネタとごはんを混ぜるようにして食べるのも間違っている。ネタとごはんは「交互に食べる」のが正しい。.

まずは小皿にしょうゆを入れ、1つのネタにワサビを乗せてから、しょうゆをつけて食べる。次はネタの下の寿司めしを口に運ぶ。つまり、ネタ1ごはん1ネタ、の順番を守ることが、上手にちらし寿司を食べるコツな。

その場合、好きなネタからより好みして、あっちこつちに箸をつけるのは見苦しい。端から順に食べていくと盛り付けもくずれず、見た目にきれいな印象になる。