首の痛みを治すカプサイシンクリーム

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

外用でのみ利用されるカプサイシンクリームは、ビリッとした独特の味がするチリペッパーからつくられます。

カプサイシンクリームは、さまざまな名前で売られていますが、関節炎に伴う関節痛を治す市販薬として人気が出ています。首都ワシントンDC にあるウォルターリード陸軍メディカルセンターで行われた研究結果では、慢性的な首の痛みにカプサイシンクリームが効果的だそうです。

この研究では、慢性的な首の痛みがある患者の患部に毎日四回、0.0025%のカブサイシンクリームを塗布しました。5週間後、ほとんどの患者の症状が著しく改善され、完全に痛みが消えた患者もいたそうです。

では、カプサイシンはどのように効くのでしょうか。カプサイシンクリームを皮膚に塗ると、ヒリヒリと燃えるような感触がします。これはカプサイシンが神経細胞を刺激し、サブスタンスPと呼ばれる化学物質が分泌されるためです。いったん神経細胞からサブスタンスPが分泌されてしまうと、痛みは消えますが、痛みが軽くなったと感じるまでに数日から一週間ほどかかります。

ほとんどの人はカプサイシンクリームを塗った際の不快感に耐えられますが、ひどいストレスを感じる人もいますので、クリームによる痛みに耐えられない場合は使用を中止してください。

1週間たっても効果が現れない場合は、もう少し濃度の高い(0.0075%) 製品に
変えてください。

サロメチールには、カプサイシンは、0.25mg含まれます。