タグ「ビタミン」が付けられているもの

ビタミン不足でおきる病気

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

特別にそれほど体を動かしたり、疲れることをしていないのに疲れやすい、何となく体がだるい、やる気がおきないといった経験はだれにでもあるはず。こういった症状は、現代社会ならではのライフスタイルによるところが大きい。飽食の果ての偏食、ダイエット、ストレス解消のための喫煙に飲酒... と、数え上げればきりがない。

一般的には、こういった生活がつみ重なり、ビタミンが不足すると、体が疲れやすくなるといわれる。飲酒などはビタミンの吸収を妨げ、ストレスはその消費量を増加させる。

最近では潜在的なビタミン不足の状態に陥っている人が多い。ビタミンといっても十数種類あり、そのはたらきもさまざまだ。では、具体的に、どのビタミンが不足すると、どのような症状が起きてくるのだろう。おもだったものを以下に記す。まず、ビタミンA が不足すると、肌がカサカサし、目が疲れやすくなる。ビタミンAには、皮膚の表皮細胞が壊れるのを防いだり、網膜の視色素をつくったりするはたらきがあるからだ。

また、がんを防ぐ効果もあるといわれている。がんを防ぐ効果のある成分として、ビタミンAと密接な関係にあるのが、β-カロチン。緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは、プロビタミンA といわれ、体の中のビタミンA が不足すると、ビタミンAに変化して同じはたらきをしてくれる。

実は、このβカロテンにがんを防ぐはたらきがあるというのだ。しかし、近年行われたある大がかりな研究では、βカロテンのとり過ぎがかえってがんの発生を高めることが報告されており、懸念される点もある。

ビタミンA は、チーズやレバーなどの食品に多く含まれるが、とりすぎると吐き気や頭痛を伴うビタミンA過剰症に陥るので注意が必要。

ビタミンB群には、体内で糖質や脂肪やタンパク質を分解し、エネルギーを生成する分解酵素のはたらきを助ける効果がある。ビタミンB 群が不足するとエネルギーが生成できなくなるので、疲れやすくなったり、集中力が衰えたりするわけだ。

B1の不足は手足のしびれやむくみをおこし、B2が不足すると目や皮膚の炎症や口内炎ができたりする。B12 の不足では神経炎、悪性貧血などを引き起こす。多忙な現代人には欠かせないビタミンといえるただし、ビタミンB群は蓄えられないために一度の大量のビタミンB群含む食品をとっても効果がない。

気づかないことが多い現代病「脚気」はビタミンBが足りない

継続してとり続けなければならないのだ。豚肉、レバー、ワカメなどに多く含まれるので、ばて気味の時にはこういった食材をまめにとるといい。最近でよく目にするビタミンB 群のとれる栄養剤なども、1日数回に分けて飲むのがよい。

ビタミンC が不足すると、貧血気味になったり、かぜをひきやすくなる。ビタミンCには、抵抗力をつけたり、鉄分の吸収を助けたりするなどのはたらきがあるからだ。これ以外にも、多様なはたらきをするが、なかでもさいきん注目されているのがストレスとのかかわりだろう。

人を含め、動物はストレスがかかると、副腎から副腎皮質ホルモンを分泌してこれに耐えるのだが、このホルモンを作る時にビタミンC が必要である。ストレスの多い人程ビタミンC の消費量が多いことはわかっている。ビタミンC は、とりすぎによる障害がないので、ストレスが多いという自覚症状のある人は、果物や野菜など多めにとるのがいいだろう。

普通、1日に必要なビタミンC の量は、大粒のイチゴ一個弱程度といわれているので、そう難しくはない。

ビタミンD はカルシウムの吸収を助け、強い骨をつくるはたらきをする。ビタミンDが不足すると、せっかく体内にとり込んだカルシウム分をみすみす排泄してしまうことになる。

「肝臓を強化」したい時の食事はここに注意する(ビタミンCがポイント)

ビタミンD は、カツオ、ニシン、イワシなどの食品に多く含まれる。刺身なら一切れで1日に必要な量は摂取できてしまうので、不足するのをそれ程意識する必要はない。

また、ビタミンA のβカロテン同様、体の中にはプロビタミンD という成分があり、ビタミンD が不足すると代わりにそのはたらきを補ってくれる。このプロビタミンD は、肌が紫外線にあたると変化してビタミンD に変わる仕組みになっているので、ビタミンD の生成には日光浴も効果的だ。

夏なら十分もかからずに生成されてしまう。通勤や通学の時間で間に合う人も多いだろう。ただ、女性などは、紫外線をカットする日焼け止めや化粧品を使っていたりするので、なるべく食品からとるようにしなければならない。昼夜逆転した生活の人も同様である。最後にビタミンE だが、これには血の流れを良くするはたらきがあるため、不足すると、肩凝りや冷え性、低血圧などの症状があらわれる。また、細胞膜が酸化するのを防ぐはたらきもあるので、老化を防ぐとともに、がんなどの生活習慣病(成人病) の予防にも効果がある。

ビタミンE は、カツオ、ニシンなどの魚類や、胚芽、カボチャ、ホウレン草などの野菜類に多く含まれるが、油を加えると体内での吸収力が高まるので、妙めるなど調理の工夫をして効率よく摂りたい。