起床時の腰の激痛を招く睡眠中の「骨盤の前傾」が見事に防げる腰枕

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

朝、目が覚めるととにかく腰が痛いのはどうして?

腰痛持ちの人は、朝起きたときに腰に激痛を感じたり、重だるさに見舞われたりするケースが多々あります。また、痛みが夜の寝る前よりも、朝起きたときのほうが悪化していた経験のある人も多いでしょう。

実は、朝に腰痛が起こるのは、就寝中の姿勢の悪さ、つまり寝相の悪さが関係しているからです。腰痛の大半は、姿勢の悪さや筋力低下などにより、骨盤が前傾し、併称(背骨の腰の部分)が過度に前湾して起こります。

私たちは、就寝中は、自分でも気づかないままに、骨盤が前傾する姿勢を取っていることが少なくありません。寝相の惑い人は、就寝中ずっと骨盤が此馳伸している状態が続いてしまいます。その結果、朝の起きがけに腰に痛みを感じたり、腰痛が悪化していたりするわけです。

睡眠中の姿勢をただし、人間工学に基づいたヘルスケア腰枕は、背中から腰の自然なラインを無理なくキープし、背中の筋肉の負担を和らげ、疲労を減軽します。腰を優しく支え、腰にかかる圧力を均等に分散して、腰への負担を減らせてきます。

山の形状で背中・腰・臀部にぴったりフィットし、敷布団と腰部のすき間をうめて支えるので腰が安定します。背筋を自然に伸ばしてくれるので、ただしい姿勢を保つ。優しく腰を支えることにより、腰の筋肉をリラックスさせ、さらに産後、腰楽に可能です。

寝相が悪くなりにくく、骨盤の前傾の予防に役立ちます。すると、腰椎にかかる負担が軽減し、就寝中の腰椎のラインが正しく保たれ、腰痛の改善や予防につながります。

ちなみに、腰痛予防には寝具具選びも重要です。マットレスや敷布団が柔らかすぎると体が沈みこみ、腰椎のラインが不自然になります。自分に最適の寝具を使いながら腰枕を活用し、腰痛予防に役立ててください。

【最新版第五世代座布団】
ボーリング形状の中空デザイン、お尻の負担を軽 減してくれます。通気性抜群、長時間座っても蒸れにくい。後端はM字型設計、尾てい骨部分は着座する時に座布団との直接な接触を避けるので、尾てい骨への圧迫を軽 減し、座り心地抜群。
【お尻を包んで支える立体構造】
弧線形状の両側はお尻に優しくフィットし、お尻にかかる圧力を分散します。前端のW字線形設計は太ももに優しくフィットし、太ももへの圧迫を軽 減して快適に座れます。
【RoHS安全基準クリア&ホルムアルデヒドは検出なし】
安心安全な製品を提供するために、成人用製品ではなく、より厳しい乳幼児用製品の試験基準で検査を実施し、試験をクリア!有害物質を含まない素材で安心にご使用いただけます。(本製品試験番号:IKS-022)
【高通気メッシュ生地&裏面は滑り止め加工】
カバーはメッシュ生地、蒸れにくいです。カバーにはファスナー付きで、カバーを取り外して洗えるので、お手入れも簡単。裏面は滑り止め加工され、座布団が椅子などから落ちる心配もないです。
【使用対象・場所】毎日のデスクワークや長距離運転などが多い方、快適に座りたい方にオススメ。車中のシートクッションやオフィスチェア、座椅子、車椅子などいろいろな用途、場所でご使用いただけます。
【製品仕様】
サイズ:(約)縦36x横45x厚さ4-7cm 視線を影響しない最適な厚さ。素材:中材:ポリウレタン(高品質の低反発ウレタン) カバー:表面/ポリエステル100%(高通気メッシュ素材) 裏面:滑り止めと粘着防止の粒子付き