男性にも起こる更年期障害

3 年前に痛風発作を起こしたB さん(55歳) は、専門医にかかってすぐに治療を開始。医師と二人三脚で根気強く薬物治療を続けてきました。その甲斐あって、尿酸値も正常範囲内まで低下。

健康診断で、ほかに異常な数値もなく、健康的な生活が送れるはずでした。ところが、最近、Bさんは気分が沈みこむばかりで、以前の元気な自分に戻れなくなってきました。

ひょっとして心の病気ではないかと、心療内科に相談し、抗うつ薬を処方してもらいました。薬をのみ始めると、少しは改善したような気もしないではないのですが、やはりもとには戻れません。Bさんは原因がわからないまま、数ヶ月も抑うつ状態に悩み続けました。

そんなある日、友人から「男性更年期障害」ではないかと指摘され、泌尿器科の専門医を受診しました。すると、仕事のストレスから男性ホルモンの分泌が異常に低下しており、それが原因で抑うつ症状が出ていたことがわかりました。

さっそくホルモン補充療法を行い、Bさんはほどなく元気を取り戻したのでした。更年期障害というと女性に特有のもので、男性にはないと考えられてきました。しかし、最近の研究では、女性ほど顕著なものではありませんが、

男性にも悩む人が多いことがわかってきました。痛風年齢と男性更年期障害の年齢は、かなり重なります。過重なストレスなどが原因で抑うつ状態が長く続くようなら、疑ってみる必要があるでしょう。

女性の一般的な更年期についてはこちら。

男性更年期障害」セルフチェック

次の10項目のうち、「はい」が3つ以上、最後の2 項目のどちらかが「はい」の場合は要注意。

  1. 最近、元気がない
  2. 体力あるいは持続力の衰えを感じる
  3. 身長が縮んだ
  4. 日々の楽しみがない
  5. もの悲しい感じになったり怒りっぽくなったりする
  6. 最近、運動能力が落ちたと感じる
  7. 夕食後、うたた寝をすることがある
  8. 最近、仕事能力が低下したと感じる
  9. 性欲が低下した
  10. 勃起力が弱くなった

内臓脂肪を減らすエノキ生姜茶「 えのき美人茶」の効果と使用感