降圧剤で下がらなかった血圧がシトルリンのおかげで200-130 mmHGから130-85 mmHGに!

不快な残尿感がなくなり、便秘も解消された

主人のお友だちの奥さんが、脳卒中で倒れたと耳にしたのは、昨年の6月のことでした。私とも年齢が近いかたでしたし、私自身ずっと血圧が高かったので人ごとは思えず、一度きちんと検査を受けてみることにしました。

すると、血圧が上は200 mmHG、下130 mmHGもあったんです。病院の先生も驚いてしまって、降圧剤を飲むようにいわれました。もちろんきちんと飲んだのですが、3ヶ月つづけても血圧が下がる様子はありません。

娘がとても心配しまして、いろいろ血圧を下げる健康法を探してくれました。そして、昨年の9月、で見かけたといって、スイカの煮汁のことを教えてくれたのです。赤いスイカの汁が、こげ茶色のてドロッとした状態になるまで煮詰める煮汁。それを小さじ1杯、250 mlに溶かして、朝晩の食前に飲むことにしました。

さらに、スイカの皮と種で作られているスイカの皮茶を水がわりに、1日1.5Lほど飲むようにしました。最初は、薬でも下がらない血圧が食べ物で下がるものか半信半疑でしたが、飲み始めてすぐに体に変化があらわれました。

まず最初に起こったことは、オシツコの量がふえたことです。50代に入ったころからでしょうか、トイレに行ってもスッキリ出ない感じがいつもありました。けれども、スイカの煮汁を飲み始めて2〜3日後くらいから勢いよく出るようになって、気持ちよくトイレを出られます。お通じについてもスイカの煮汁を飲み始めてからとても調子がいいんです。以前は3日に1回しかなかったのが、やっぱりスイカの煮汁を飲み始めた2〜3日以降、ずっと毎朝出ています。

体の中の汚いものがきちんと出てくれるからなのでしょう。毎朝、自分でも驚くほどスッと目が覚め、翌日の疲れが微塵もありません。これは、1週間目で感じた変

医者も驚く

これだけ体調がいいだけでも、私にとってはありがたいことでしたが、2ヶ月目くらいから、血圧が少しずつ下がり始めました。スイカの煮汁を飲み始めて4ヶ月目、ちょうどお正月明けに測ったときには上が130 mmHGになっていたんです。

「降圧剤がここにきて急に効いてきたのかな? 」と、お医者さまが驚いていました。血圧のことは私も驚きましたし、うれしかったのですが、もうひとつうれしかったのは、体重も減ってきたこと。少しずつですが、気がつけば7ヶ月でで5kgほどやせていました。

きつかったズボンがラクラクはけるようになり、仕事をしていても体が軽いとこれまたほんとうにラクですね。これからもスイカの煮汁をつづけて元気に働き、家族に心配をかけずに暮していきたい、そう思っています。

スイカの煮汁の作り方はこちら。