お酒とおにぎりの組み合わせは悪酔いする?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

夜遅く帰って、ビールを飲みながらの夕食。おなかがペコペコで帰宅したときはとりあえずおなかにたまるものをおつまみに食べたい。
でも、いきなりごはん、いきなりパスタ、というのはちちょっと考えもの。それは、悪酔いしやすい飲み方だからだ。体内に入ったアルコール分はいったんアセトアルデヒドという物質に分解される。この物質は頭がガンガンする二日酔いを招いたり、酔っ払って我を忘れる悪酔いの原因になるもの。

アセトアルデヒドは肝臓ガンや咽頭ガンの誘引物質になるし、一部の建築資材から放出されてシックハウス症候群を招くこともある。つまり、毒性が高い物質なのだ。そして、ごはんをはじめとした糖質の食べ物は、なんとアセトアルデヒドの生成スピードを速めてしまうのである。

悪酔いしないためには、酒のおつまみは糖質よりはたんばく質や脂質を含む食品のほうがいい。その点で、チーズは理想的。とりあえずおなかを満たしたいときは、ごはんものよりまずおかずから。頭の片隅にとどめておきたい、酒飲みの知恵。

水分摂取にも悪酔いを防ぐ方法があるので覚えておきたい。