鍋パーティでやっってはいけない箸のタブーは?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

同じ鍋をつつき合うというのは、親密さを増すまたとない場面。だからこそ守るべきマナーがある。たとえば、箸の使い方。

鍋料理の場合、具材を鍋に入れるときは取り箸を使うが、自分が食べる分は直箸で取り分けてよいとされている。

ただし、「直箸」は下手をすると不潔な印象を与えかねないので、箸使いのマナーだけは心得ておきたい。やってはいけないのが、まず「ねぶり箸」。お箸の先が汚れたからといって、箸先をペロンとなめたりしてはいけない。

そして「さぐり箸」。「次はどれを食べようか...」と箸で鍋の中をさぐるのは見苦しいし、何より具材の形を崩してしまう。

食材から涙をたらす「涙箸」、これもタブー。汁がポタポタ落ちるときは、ある程度汁を切ってから自分の器に移すこと。

もう1つ心がけておきたいのが、取り分けをするときのマナー。席が離れている人や年配の人に取り分けるときは、取り箸を使うのが鉄則。これは家で鍋パーティーをするときも、お店でも心がけておきたいこと。

最後にもう一つ。箸を休めるとき、自分の小鉢の上に渡して置くと、これは「渡し箸」と呼ばれるマナー違反になってしまう。小休止のときついやってしまいがちだが、箸を使わないときは必ず箸置きに。

鍋料理は誰がつくっても同じではないも読んでおくと○。