「和」のおかずを見栄えよく盛りつける

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「天盛り」とは、何のことかわかるだろうか?.料理をてんこ盛りにすることではなくて、煮物をはじめ、酢の物、おひたし、和え物などの上に「小高くのせるもの」のこと。
すなわち、和のおかずを演出するトッピングの数々。

小高くのせるものの定番といえば、しようがや青じそのせん切り、ごま、刻みのり、しらがねぎ、木の芽、ゆずなど。ほんの少しの量でも、仕上げに使えば、料理に彩や香りを添えたり、旬のもので季節感を出すことができる。

たとえば、ほうれん草のおひたしはそれだけ盛ると味気ない印象。ところが、しようがのせん切りをちょっとのせると色味に変化が出て引きしまり、食欲をそそられる。

また、野菜の煮物にゆずの皮のせん切りをのせると、季節感が増す。おかず自体は、やはり真ん中が高くなるように「山高に盛る」と見栄えがよくなる。こんもりと盛って、トッピングを小高くのせて仕上げる。こんな簡単なことで、シンプルなおかずもごちそうに変わるのだ。