けいれん性便秘の人のための簡単なストレス解消法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

けいれん性便秘の人はストレスをいかに上手に解消するかが、便秘を治すキーポイントですが、腸のぜん動運動は自律神経と関係しているので、直腸性便秘と弛緩性便秘もストレスと無縁ではありません。そこで、だれでも簡単にできるストレス解消法をご紹介。

まずは1日の疲れを癒すお風呂にゆったりつかること。ぬるめのお湯につかり、いやなことを忘れてのんびりすれば、自律神経のバランスも整います。39度~41度の湯につかりリラックスします。半身浴がおすすめです。また、夜寝る前にべッドの上にごろりと大の字に寝転がり、リラクゼーション。呼吸を整えながら手足をゆったり伸ばすことで心と体の緊張がほぐれ、リラックスできます。

そして、昼は10~15 分でもいいので、ウォーキングを。歩くことで運動不足が解消でき、適度な疲労が夜の眠りを誘います。

昼間は緊張している人も、夜はリラックスして眠る習慣をつけると自律神経のバランスが整い、便秘も少しずつ改善できます。夜型人間や不規則な生活を送っている人、過労ぎみという人もぜひお試しを。