腹式呼吸でイメージトレーニング

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

東洋医学の健康法の1つに「瞑想法」があります。ゆったりした気分で便秘解消のイメージをし、実際に便秘改善をねらうというもの。いわゆるイメージトレーニングです。

これだけで便秘が解消するわけではありませんが、リラックス効果があるので、1日の終わりに試してみましょう。

悩みが解決したときの自分の姿を想像しながら、ソファに座ってゆったりとくつろいでみてください。たとえば、便秘が治ってすっきりした!体操するのは楽しい、おなかがへこんで体が軽い、トイレタイムは快適だ...といったイメージをしてみると、体がリラックスし、自律神経のバランスも整います。

あわせて、腹式呼吸を身につけましょう。腹式呼吸には2 つの効果があります。おなかを動かすことで腸の動きを促すとともに、ゆっくりした呼吸でリラックスし、ストレス解消ができるので、便秘解消も期待できます。とくに、生活リズムが乱れて自律神経のバランスを崩している人、ストレスを抱えているけいれん性便秘の人にはおすすめです。

副交感神経を上げる「1対2」の呼吸法