レジストリの設定が必要なソフトウェアも持ち歩く

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

通常ではUSBメモリ内で使うことができないソフトウェアも、ある特定のソフトウェアと組み合わせることで起動できるようになる。かなり使い勝手も広がり便利になる。

仕事の幅が広がる

ハードディスクにインストールしたレジストリなどに設定を保存するソフトウェアは、USBメモリでは使うことができないのが一般的。しかし、仮想レジストリ作成ソフトウェア「Schwerkreuz」を使えば、単独では起動することができなかったソフトウェアが使えるようになる。さすがに、すべてのソフトウェアが使えるようになるわけではないがいつも慣れ親しんでいるものが使えるようになるので作業の幅も広がるし、作業効率も上がるなどメリットが多い。

  • 秀丸エディタ...初心者でも非常に使いやすく、機能が充実したテキストエディタ。様々な文字コードが使える。
  • CLCL...クリップボードの履歴を取得することができる
  • AR_CAD...JWWとdwgのファイルが読める。

仮想レジストリを作成

仮想レジストリ作成というと、ハードルが高そうにイメージする人がいるかもしれないが慣れてしまえばすぐに使用できる。下の手順を見てもわかる通り、USBメモリに「Schwerkreuz」を入れ、使いたいソフトウェアをドラッグ&ドロップするだけと、なにも難しいことはない。「あのソフトウェアが出先でも使えたなら‥・どんなに楽いいか?」という悩みをきっと解消してくれる。説明したソフトウエア以外にも、「Schwerkreuz」と組み合わせることで使えるものが多数あると思われるので普段自分が使っているソフトウェアが起動するかどうか、試してみるといいかもしれない。

Schwerkreuz使用手順

  1. 凍した「Schwerkreuz」をUSBメモリに移動させる。
  2. 起動させたいソフトウエアを「ProgramFiles」から丸ごと移動
  3. フォルダを開き「Schwerkreuz」をダブルクリック。
  4. 起動させたいソフトの実行ファイルをドラッグ&ドロップ
  5. 仮想レジストリを作成。「はい」をクリックし学習モードに。
  6. ソフトウェアが起動したら成功。「学習モードをオフにするため1 度終了させる

「Schwerkreuz」の助けが必要なソフトウエアは、他のソフトウェアよりファイルサイズが大きいことが多い。使えるものが増えたからといって、必要のないものは無闇にUSBメモリに入れるのは止めておこう。もし、多くのソフトウェアを持ち歩きたい場合は、容量の大きなUSBメモリを購入したほうがいい。大容量USBメモリ(32GB以上)はこちらから。