安全に使うためのフォーマットについて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

トラブルが生じたらフォーマット

USBメモリ内のファイルを一気に削除し、購入時のまっさらな状態に戻したい時はフォーマットするのが一番早い。容量の大きなUSBメモリを使っていれば使っているほど、ファイルを削除するのに時間がかかるので、少しでも手間と時間の節約をしたい場合はフォーマットをすれば、時間の短縮になる。こんなときは迷わずフォーマット。
  • 大量のファイルを1発で削除したい時
  • 動作が不安定になってしまった時
  • USBメモリリにウイルスが侵入した時
  • 誰かにUSBメモリを譲渡したい時

フォーマット手順

  1. 「スタート」→「マイコンピューター」を選択。
  2. USBメモリを右クリック後、「フォーマット」
  3. ファイルシステムを選択し「フォーマット開始」
  4. フォーマットしてよければ「OK」をクリック
  5. フォーマット完了

本当にフォーマットしていいか?必ず確認

しつこいがUSBメモリのフォーマットは、ひと呼吸おいてから本当にいいかどうかを確認。様々なソフトウェアやデータをたくさん入れたUSBメモリの中身を誤消去してしまったら一大事。別の場所に移動→フォーマットー元の場所に戻すという手順を忘れないように。フォーマットするとデータはすべて消えるので。

4GB以上のファイルを一発で保存可能

現在、市販されているUSBメモリは、「FAT32」形式でフォーマットされていることが多い。普通に使う分にはこのままでも何ら問題はないのだがISOイメージなどの4GB 以上の大きなファイルを、1 度にUSBメモリにコピーしたい場合は「FAT32」形式では無理。そんな時は「NTFS」形式でフォーマットし直せば、大きなファイルもコピーすることができる。

ファイルシステムのメリット・デメリット

FAT32NFTS
Windows Me/95/98でも使うことが可能Windows Me/95/98では使うことができない
1度に4GB以上のファイルは保存できない1度に4GB以上のファイルを保存できる
Macでも扱えるMacでは扱えない

フォーマットせずに「FAT32」を「NTFS 」に変更する手順

  1. 「スタート」→「マイコンピューター」→USBメモリで右クリックし[プロパティ]を選択。
  2. ハードウェアをクリック。
  3. ハードウェアの一覧が表示されるので、その中からメモリを選択。
  4. USBメモリを選択したら[プロパティ]をダブルクリック。
  5. [ポリシー]タブをクリック。
  6. [パフォーマンスのために最適化する]にチェックを入れたら「OK」をクリック。