用途に合わせたベストなUSBメモリ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

使用用途に合わせる

USBメモリを購入しようと思ってお店に行くと、かなりの種類で数多くの製品があって、どれを買えばいいのかわからなくなってしまう可能性がある。確かに特売品や店員の勧めてくるモノでも、悪いモノを売っているわけではないので大きな問題になることはないかもしれない。しかし、自分の用途に合わせてしっかり考えて買わないと、後々後悔することになる可能性が大きい、そういう後悔をしないためにも、自分がどういう目的で使いたいのかをしっかり考えこの4 つに注目しこ購入するモノを考えていこうて、予め買う製品を決めておこう。ただし、店頭に置いていない商品もあるのでいくつかの候補を考えた上で買いに行かないと、商品がなかったときに因ってしまうので気をつけよう。予め、購入するものが決まっているならネット販売で購入するのも1つの手ではあるかもしれない。
  • 速度重視型…容量の大きい写真データやMP3 などの音楽データをUSBメモリに移動させるのであれば、データ転送速度は非常に重要になってくる。大きいデータを入れ替えることが多いのであれば転送速度が速いUSBメモリを選ぼう。
  • 容量…データの移動が頻繁になってくると段々面倒になってくるがUSBメモリ容量確保。データを削除したり、圧縮をかけて保存するのが面倒なのであれば、容量の大きい物を選んで購入しよう。現在、最大256 GBまである。
  • 価格…USBメモリは、特別高いモノではない。とはいっても高速タイプだったり、容量の大きなモノになってくると値段もかなり高くなってくる。1 GBでも1万円近くする物もあるくらいだ。初購入であれば、安い物を買って試すのが無難。
  • 付加機能…USBメモリの中には付加機能として、指紋認証やセキュリティソフトが本体に入っているモノがある。他にメーラが入っているモノや データ復旧ソフトが入っているモノまであり、データを管理することが多い人に最適。

大容量データを扱うのであれば

記憶装置ではデータの転送速度はかなり重要。コレは何度言ってもイイくらいに重要なことなので、しっかりと覚えておいて欲しい。USBメモリの転送速度はUSBメモリについているチップの枚数によって大きく変わってくる。チップが多ければ多いほど速くなる。現状では最高4 枚のチップがついているモノがあって、最高で1 秒間に38MBものデータの移動をすることができるといわれている。何よりもスピードが重視というスピード狂は4チップのUSBメモリがおすすめ。

価格を重視したい

USBメモリの価格は今ではかなり落ちついてきていて、安いモノだと1GBで数百円ぐらいの製品まである。さすがにそれだけ安いと色々と使い勝手の面で問題が出てくるかもしれない。まずどんなものか試しに使ってみようという程度で買ってみるのなら良いかもしれない。使っているうちに新しいUSBメモリが欲しくなるのは何を使っても同じことだと思うので、とりあえずは安いモノから試していけば、そのうち自分に合うUSBメモリが見つかる。