テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」で血糖値が500mm/dlに下がり、口渇も改善

体重も順調に減少し、下腹がへこんでメタボも改善

春の健康診断で血糖値が高いといわれ、クレーン作業の夜勤明けで疲れているせいかと思いました。しかし、後日の精密検査では、体重測定で早々に「間違いない。糖尿病です。」と告げられたのです。というのも、減量しているつもりはないのに、98キロだった体重が87.8キロに激減。体型は変わらず、体重だけ減っていて、この不自然なやせ方は糖尿病の特徴とのこと。

半年ほど前からは、のどがやたら渇くことも気になっていました。くわしく血液を調べると、血糖値は500mm/dl近く、HbA1Cは11.5。ただちに、血糖降下剤の服用と食事の大改善を厳命されたのです。当時の私は食事を残すのが嫌で、なんぼ食べても胃もたれしない大食漢のう え、晩酌は毎日かかしませんでした。まずは酒を断ち、生野菜を多く食べて、お肉は半分、ご飯はおかわりなしとしました。

この頃に知ったのがテンペ菌発酵の薬草茶で、正直、半信半疑の気持ちもあったものの、まずは3ヶ月飲んで試してみようと考えたのです。1日1.5リットルの薬草茶を自分で煮出すことを日課として、朝に起きたらガブガブ、食事のときもガブガブと飲みました。趣味の釣りにも、薬草茶入りの水筒を必ず持参したのです。

薬は不要になり、晩酌もできるように!

テンペ菌発酵の薬草茶を飲みはじめてまず驚いたのが、お腹のたるみがぐんぐん解消して、体重が76キロにやせたこと。糖尿病の不健康なやせ方とは全然違って、手でつかみきれなかったぜい肉が解消して、下腹がペコンとへこみました。30代前半には履けたものの、ここ数年ごぶさただったジーパンがスッポリ入ります。薬草茶の飲用3ヶ月後には、血糖値も100mm/dl以下まで下がり、高くなっても110mm/dlまで。HbA1Cも5.5~5.6の合格圏内に安定してきました。

「ホントに3ヶ月で血糖値が下がったなあ」と自分のことながら、私は感心しきりでした。こんなに順調に高血糖が改善するとは、おそらく薬草茶はインスリンを出す膵臓に効いているのでは、という実感があります。血糖値がここまで下がると、むしろ低血糖が心配になり、医師の指示で血糖降下剤の服用は中止。「酒も焼酎1合程度ならいいよ」との許可も出て、今では焼酎をテンペ菌発酵の薬草茶で割って飲むのが晩酌です。

ふだんの食事の制限も、一時期よりはゆるめて、甘いものがほしいときには、我慢をせずに缶コーヒーを1本飲みます。ごく最近の血糖値は105mm/dl、ヘHbA1Cは6.0〇で、のどの渇きも一切ありません。糖尿病以前から持病だった高血圧も、安定しました。腹やせもできたおかげで、先日のメタボ検診は一発合格でした。このお茶がある限り、私は生涯飲み続けるという決意です。

8種類の薬草を配合した糖尿病のための専門茶テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」はこちら。