テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」で400の血糖値、足の壊疽、網膜症までの糖尿病から脱出

体力も戻り立ち仕事もできるように

3年前に右足の壊疽が起きたときは空腹時血糖値が400mm/dlもあり、右足先は紫に変色、足裏の皮がべろっとむけました。通院や自己節制で改善したものの、無理な食事制限のストレスから半年後、暴飲暴食が再開。その結果、血糖値はまた400に、HbA1Cの数値も11に跳ね上がり、右足の壊痘とともに糖尿病性網膜症まで併発。

「このままでは失明する」と医師に告げられ、野菜を多く食べたり、惣菜も魚中心に切り替えるなど、努力はしました。それでも空腹時血糖値は200mm/dlを超え、HbA1Cも8と高い数値のままで高値安定してしまいました。そのため」効果的な血糖コントロール術はないか探していたところ、ゴルフ仲間からテンペ菌発酵の薬草茶を教えてもらったのです。その友だちも血糖値が高かったのですが、このお茶を飲んだら血糖値が下がり、安定したとのこと。

それならば自分もと、私もテンペ菌発酵の薬草茶を入手して、毎日煮出して飲みました。1リットルは自宅で、もう1リットルは大きめのピッチャーに入れて、店でゴクゴク飲み続けたのです。すると、友だちの話はまさに本当で、私の血糖値も飲用3ヶ月後から着実に改善。くわしくいうと、空腹時血糖値は200mm/dlから140mm/dlに、HbA1Cの数値も8から5.8に下がって、それからはほぼ正常値で安定するようになりました。今では血糖降下剤もかなり減量できました、体力も回復。調理場で長く立ち仕事をしても足がむくまず、だるさも解消。排尿時の泡も消えました。ありがたいのは、のどの渇きがなくなったこと。テンペ菌発酵の薬草茶の飲用前は、就寝中にのどが渇いて必ず1回は起きて水をがぶ飲みしていましたが、今では朝まで熟睡できます。

8種類の薬草を配合した糖尿病のための専門茶テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」はこちら。