血糖値 263mm/dlがテンペ菌の発酵茶を3ヶ月飲んだだら109まで下降

結婚後を機に血糖がぐんぐん上昇

独身時代は、脂っこいものや肉類、脂肪の多いものは、ほとんど食べた記憶がありません。ところが、結婚を機に食生活は一変しました。主人は暴飲暴食タイプで、夜でも隣にお茶があるのにコーラをガブガブ。それに付き合って食事をするうちに、気がつけば私も食べ過ぎて、次第に体がだるくなり、手足の先がチクテク感じるようになってしまいました。

目のかすみやオレンジ色の尿にその泡立ち加減も目立ちました。数年前に糖尿病になった夫にこのことを相談すると「糖尿病なのでは?」と心配され、病院で検査を受けてみると、血糖値は263mm/dl、HbA1Cが7でした。思ってもいないほど高い数値が出たのです。このときに初めて「なんとかしなくては」と真剣に考え、そのときに目にとまったのがテンペ菌発酵の薬草茶でした。

尿のにごりが消え、泡もほとんどなくなった

以来、薬草茶を濃いめに煮出し、主人と2人、1日3リットルほど飲むようにしました。ペットボトルや水筒に移し、外出先や仕事場でも欠かさず飲み続けました。薬草茶といっても飲みにくいわけでもなく、むしろ体が欲しているような気がしました。

これがまさに功を奏して、数値は順調に下降し、2ヶ月後の検査では血糖値109mm/dl、HbA1Cも5.8と正常値になりました。主人も7.8以上もあったHbA1Cが6.4とずいぶん下がりました。まだまだ下がる見込みです。数値だけでなく、オレンジ色だった尿は薄い黄色に戻り、泡立ちも減り、手足のチクチクした感覚も、目のかすみも解消しました。だるさも一切なく、就寝前の体のかゆみやこむら返りも、薬草茶を飲み始めてからは起きていません。

血管のつまりも改善?母の糖尿病もよくなった

私の母も糖尿病のため、このお茶をすすめましたが、頑固な母は一向に信じてくれません。そうこうするうちに、母は脳梗塞で倒れて入院。その間忙しくしていたこともあり、私も薬草茶の飲用を中断しました。すると、高血糖だったころの目のかすみがてきめんに再発。やはり、薬草茶のおかげで数値や体調が回復したのだと再認識し、また飲用を開始しました。退院後、本当にいいものだからと強くすすめてやっと飲みだした母は、倒れた当初、HbA1Cが10を超えるほどだったのが今年は6.2に大幅改善。

退院直後、足が痛く引きずるように歩いていたのも、現在痛いともいわずに普通に歩けています。また、顔色もよくなり、病院の検査では血管のつまりが改善されているとのこと。薬草茶に感謝しかありません。

8種類の薬草を配合した糖尿病のための専門茶テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」はこちら。