網膜症までいってしまった糖尿尿から脱却、テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」で血糖値が115mm/dlまで下がった

飲み過ぎのツケで糖尿病に

異常なのどの渇きを感じ、さらに、酒に酔っているかのように体がフワフワしていました。そして翌正月、釣りに行き、テトラポッドに飛び降りようとしたら、足もとがおぼつかず、着地しそこねてひざを痛打。どう考えても体がおかしいと病院で検査を受けたところ、糖尿病でした。空腹時血糖値199mm/dl、HbA1Cが8.0で、以後は薬を服用しなければならなくなりました。

日本酒、焼酎を連日連夜浴びるように飲み、飲酒後でもご飯を山盛りで食べたり、ラーメンを食べたりしていました。そんな生活のツケが回ったとも自覚し、油ものは避けてご飯は軽く1杯という食事制限も開始。しかし、それでも血糖値180~188mm/dl、HbA1Cは8.7に悪化するなど病状は安定せず。さらに半年後、視界の真ん中がぼやけてきて、糖尿病性網膜症が発覚しました。糖尿病性網膜症はこちら

左右の目に計1000発のレーザー照射を行って、何とか失明はまぬがれました。薄々覚悟していた合併症がやはりきたか! とかなり落ち込んでいる時にテンペ菌発酵の薬草茶と出会ったのはその3ヶ月後でした。多彩な薬草の効能に望みをかけて、同月からふだんのお茶、コーヒーがわりに毎日1リットル以上の飲用を開始しました。

予想していたよりも早く効いた

そして、約2週間後、病院の定期検査で、早くも予想だにしなかった吉報を手にすることができたのです。血糖値112mm/dl、HbA1C、5.9に歴然と下がっており、投薬と食事制限を3年間続けても実現しなかった好結果でした。さらに半年後には、従来の量の薬だと低血糖を起こすほどまでに下がりました。

そこで朝晩服用の薬を朝だけに減らし、それも1錠から半錠にして、翌6ヶ月後には一切の投薬を中止しました。それでも血糖値は120mm/dl前後、HbA1C、5.3で、ついには食事制限もなくなりました。以来、3年間、私の糖尿病対策はテンペ菌発酵の薬草茶の飲用のみです。

つい先日のデータも血糖値27mm/dl、HbA1C、5.8でいずれも問題なく良好安定。口渇もピタリと停止しており、体のふらつきどころか、畑と田んぼを耕して収穫を得る日々です。網膜症を起こした目の具合も不安なく、新聞を読むときも視界のぼやけは現れません。テンペ菌発酵の薬草茶で実感できた成果はまだあり、焼酎2杯の晩酌を楽しみつつも、肝機能が大幅に回復。糖尿病発覚時のGOT、210が35に、GPT、100は28まで正常化しています。

体重も最高74キロから60キロに14キロも減量でき、電話帳並みだった脇腹のぜい肉が指先でつまむ程度に解消しました。これまで知ることのなかった健康レベルへ一気に到達できて、まさに薬草茶で乾杯をしたい心境。テンペ菌発酵の薬草茶は私の命です。

8種類の薬草を配合した糖尿病のための専門茶テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」はこちら。