血糖値、HbA1Cを下げる8種類の薬草

全身に合併症を招く糖尿病の自力改善策として、「テンペ菌発酵の薬草茶」に期待が集まっています。お茶を飲むという手軽さとともに、糖尿病の症状であるのどの渇きを解消。さらに食事どきに飲むことで、食後血糖値の急上昇が抑えられるからです。

数多く市販されている「糖尿病に有効だと言われいてるお茶」の中でも、テンペ菌発酵の薬草茶をおすすめできる理由は、以下のとおり、薬草の種類・加工法・臨床データという3つの条件をクリアしているからです。

  1. 血糖を安定させる8つの薬草をブレンドテンペ菌発酵の薬草茶には、血糖値の急上昇を抑えるギムネマ・シルベスタやグアバ、桑葉など、えりすぐりの天然薬草が配合。さらにどれも栄養価の高い薬草の産地において、旬の時期に収穫されています。
  2. テンペ菌発酵で吸収率が高いテンペ菌は、インドネシアの 発酵食品「テンペ」の発酵菌で、発酵過程で多種のアミノ酸を作るほか、希少ビタミンを増やし、血栓を溶かす効果もあります。テンペ菌発酵により、有効成分の腸壁からの吸収率が大きく向上。インスリンの分泌を刺激し、毛細血管も強化する薬草の効力がぐんと高められます。
  3. 高血糖を確実に改善テンペ菌で発酵させた薬草茶の臨床試験では、血糖値だけでなく、改善が難しいとされHbA1Cまで着実に下降。高血糖改善の確かな効能が、臨床の場でも証明されています。

事実、すでに全国の愛飲者から、薬草茶を1日1.5~2リットル飲用して、血糖値やHbA1Cが正常値に改善。のどの渇き(口渇)、尿臭、だるさ、しびれも一掃したという喜びの声が続々集まっているといいます。検査データの改善はもちろん、自覚症状の軽減は、糖尿病が着実に快復して合併症が遠ざかっていることの証しです。

こうした反響からも、テンペ菌発酵の薬草茶は糖尿病を全快に導く専門茶として確立しつつあります。普段飲んでいるお茶をこのテンペ菌発酵の薬草茶にかえるだけで糖尿病の症状を改善できる点もありがたいです。

テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」に含まれる貴重な8種類の天然薬草

  1. ギムネマ・シルベスタ
    ギムネマ酸が糖の吸収を抑制
  2. ヤーコン葉
    インスリンと同様に働く物質が含まれる
  3. 青銭柳
    インスリン分泌する酵素を保護
  4. グアバ
    糖質へのブドウ糖への変化を抑制
  5. 桑の葉
    糖の分解を抑え、インスリン分泌を刺激
  6. クコの葉
    血管を強化して血圧を安定させる
  7. クマ笹
    血栓を防いで血液をさらさらに
  8. 柿の葉
    血管壁を保護して動脈硬化を防ぐ
糖尿病であれば、これらの8つの薬草は糖尿病の症状を改善するために必須であることがよくわかります。
テンペ菌発酵 大都 楽源茶 ティーバッグタイプ 32包
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テンペ菌発酵 大都 楽源茶 ティーバッグタイプ 32包 02P03Dec16
価格:10800円(税込、送料無料) (2017/3/6時点)


テンペ菌発酵の薬草茶 楽源茶には、ギムネマ・シルベスタ、クコの葉、柿の葉など8種類の天然由来の茶葉がバランスよく配合されています。「体によい天然由来茶葉」をバランスよくブレンドすることで、楽源茶は健康維持の手助けをします。 しかも主成分のギムネマ・シルベスタを「テンペ菌」で発酵させてから焙煎する技術により、茶葉の特徴を効率的に引き出すことにも成功しました。どなたでもお飲みいただけるよう味にもこだわりました。 マイルドで飲みやすいことも楽源茶の大きな特徴です。

上手な飲み方

  1. 1回分1袋を、やかんに約1.2~1.5リットルのお水と一緒に入れて火にかけてください。 沸騰前のお水と一緒にティーパックを入れてください。
  2. 沸騰したら、噴きこぼれない程度の弱火にして5~6分程煮出してください。
  3. 5~6分煮出したら火を止めて取り出してください。 ※煮出しすぎたり、ティーバッグをいれたままにすると苦味が出てきます。