関節に効果的な栄養素

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

関節の痛みを和らげる手段として関節に必要な栄養素を摂取することで軟骨成分を補給し、軟骨部分の摩耗を防ぐという方法が米国では注目を集めています。 中でも、クッションの役割をする軟骨成分であるプロテオグリカンの原材料であるグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン(ペプチド) を補給するのがいいといわれています。

グルコサミンはカニなどの甲殻類の外皮に多く含まれていて、新しい軟骨(プロテオグリカン)をつくるための栄養素となります。コンドロイチンは主としてサメの軟骨やスッポンなどに含まれ、水分をたくさん蓄えられるので、水分をクッションのように利用し、膝への衝撃を吸収することができます。

グルコサミンの効能、効果はこちら。

コラーゲンは新しくつくられたプロテオグリカンを安定させ、軟骨を支える成分です。 グルコサミンはアミノ糖と呼ばれるアミノ酸の一種であり、コンドロイチンはムコ多糖類(細胞と細胞をつなぐゲル状の物質) と呼ばれ、どちらも速やかに吸収され各組織に届くと考えられています。 一方、コラーゲンは消化酵素で分解され、アミノ酸やジアミノ酸状態で吸収され、各組織でコラーゲンとして再合成されると考えられています。アミノ酸に分解されるのであれば、他のタンパク質を摂取しても変わらないのではないかと思われがちですが、実際にコラーゲンと牛乳のカゼインとの摂取比較では、コラーゲンの生成量はコラーゲンを摂取するほうが高いようです。

またコラーゲンを摂取する際にビタミンCもー緒に摂取したほうが、コラーゲンの生成量が増えることも確認されています。さらにコラーゲンの摂取は軟骨組織だけでなく、骨組織の骨密度を上げる効果もあるようです。補助的には活性酸素の発生を抑える働きのある抗酸化ビタミン(ビタミンA、βカロチン、ビタミンC、ビタミンE) などの摂取も効果的です。ミネラルではカルシウム、マグネシウム、亜鉛などの摂取は関節炎になりにくくする効果があるといわれています。

コラーゲンの効能、効果はこちら。