疲れが重なったことがきっかけでうつ病になった私の体験談

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は、今が働き盛りの50歳で商社の部長として働いています。毎日、仕事に追われ、帰宅するのはいつも午前様という状態が、ここ数年続いていました。休みもほとんどとらずに仕事に出かけます。

体を動かすというと、せいぜい接待ゴルフくらい。好きだったプラモデルづくりも、最近はさっばり手がつかず、だいぶ前に買ったキットはほこりをかぶったままになっています。

夜中に帰ってきて、翌朝は6時半ごろには会社に出かけていきます。出社すれば、仕事が山積している状態でした。その様子に奥さんが「たまには休みをとったら」と言うと、「何いってるんだ。いま、会社はかなり厳しい状態なんだ。おれが休んだら、たいへんなことになる」と怒りまくっていました。

そんなある日、大きなプロジェクトも同時にかかえることになってしまいました。立場上、ほかにかわる人もなく、結局それも引き受けざるをえなくなったのです。そのために、仕事で徹夜が続く日もありました。そのころから1人悩むようになってきました。

眠れない日が続きました。自分で自分をがんばれと叱咤激励するのですが、気持ちがついていかなくなりました。いつの間にか、沈み込むことが多くなりました。

とりあえず病院に行きましたが、そのときは「神経症でしょう」と言われました。しかし、その後も調子はよくならず、何をするのも億劫になりました。

朝、妻が起こしても、ぐずぐずしていて、ふとんからなかなか出ることができません。会社も休みがちになりました。休めば休んだで、1日中、そのことを悔やんでいるようでした。

ついには「もう、死にたい」とつぶやくようになったので、妻がびっくりして医者に行くように言いましたが、私はいやがって行きません。無理やりという感じで妻が病院の精神科に連れていきました。医師の診断はうつ病でした。

働きすぎで体をこわしたり、心の病気になる人が最近、目立ちます。少しでも体を休ませることができればいいのですが、まじめな方はそれができず、休も心も自分で追いつめてしまうパターンです。こうしたケースでは過労自殺の例もあるので、注意が必要です。

仕事が忙しくて働き過ぎてにうつになってしまったらヌーススピリッツ