昇進がきっかけでうつ病になった私の体験談

私は、来年40歳のサラリーマンです。家電量販店で働いています。まじめに仕事をしてきたことが認められて、チェーン店のひとつの店長に抜擢されました。妻をはじめ、周囲の人は大喜びして、私の昇進を祝ってくれました。

私自身も、異動直後は自分の力量が会社に認められたことで、たいへん喜んでいました。しかし、その喜びと同時に、ひとつの店をまかされるという責任の重さがずっしりと肩にのしかかっていることが実感されました。月々の売り上げ目標が達成できるだろうか。そんな不安もあります。また、部下とうまくやっていけるだろうか、ということも不安のひとつです。部下の中には、自分よりも年が上の人も何人かいます。

人一倍、他人への気配りを意識する性格のせいか、そのようなことも気が重くなるひとつの要因でした。

目標が達成できない月が長く続くと、降格させられることもあるので、それも大きな心配の種でした。店長になった月は、売り上げ目標には達したものの、満足はできませんでした。私、自身今後のことを考えると、どうしても悲観的になってしまいます。そのうちに、なかなか寝つけなくなりました。しかも、朝の目覚めが悪く、いつまでもぐずぐずしていて、出かける時間ぎりぎりまでふとんの中にいて、結局、朝食もとらずに、力なく出かけていくようになりました。

夜遅く帰宅しても、夕食にはほとんど手をつけなくなりました。妻も心配でいつもうかない顔をしていました。あまりにも以前の夫とは様子が違います。自分の母親に相談すると、「それはうつ病かもしれない」と言われたそうです。

「病院に行ってみたら」言われました。でも、私は「なんで、おれが痛院に行かなければいけないんだ。いま、休んでなんかいられないのは、おまえもわかっているだろ」と聞く耳をもちませんでした。しかし、自分自身でも調子が悪いことは自覚していましたので、その後、しぶしぶ病院に行きました。診断は、軽いうつ病でした。

昇進は、サラリーマンにとっては喜ばしいことなのですが、人によっては昇進による責任を重く感じて、憂うつになつてしまい、ぞのためうつ病になるケースがみられます。これを「昇進うつ病」と呼ぶことがあります。

昇進うつ病ならヌーススピリッツ