糖尿病 治す 食事 糖質を制限する方法しかない

糖尿病 治す 糖質を制限する方法しかないと思ったほうがいいです。一般的に教科書に書いてあるとおりの食事療法を実践しても疲弊してストレスがたまり途中で投げ出してしまうのが実情です。それに、正しい糖尿病食をいざ実践するとなると、奥様やパートナーも根気よく続けることは大変な労力がかかり、結果、続かないのが実情です。それほど、大変でしんどいものです。その食事療法を実践しても血糖値やヘモグロビンA1Cはなかなかさがってくれません。

糖尿病 治す 食事

24980095_s.jpg

糖尿病には、先天的に起こる1型糖尿病と、後天的に起こる2型糖尿病の2つのタイプがあります。インスリンは膵臓のβ 細胞でつくられますが、この細胞自体が機能しなくなり絶対的にインスリンの量が不足しているのが1型糖尿病です。この場合は、インスリンを注射して補うより方法はありません。

これに対して2型糖尿病は、インスリンが分泌できるにもかかわらず、糖質を摂りすぎたことでインスリンの分泌量に異常が生じたり、インスリンの効きが悪くなった状態です。

日本人のほとんどがこの2型糖尿痛を発症しており、その数は糖尿痛予備軍も含めると2500万人ともいわれています。もはや5人に1人が糖尿病という状況に陥っています。

通常は糖尿病と診断されると、進行度や年齢、仕事が重労働か軽労働かなど、患者の状況に応じて厳密なカロリー計算がなされ、そのカロリーの範囲内で食事療法を行うようになります。

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランス良く、1日3食規則正しく摂るように指導されます。しかし、食べたいものを我慢して食事制限を守っても、多くの場合で血糖値の改善が見られません。効果が見られないからこそ糖尿病が蔓延してきたのではないでしょうか。

ここで、よく考えてみてください。血糖値を上げているのは糖質であって、タンパク質でも脂質でもありません。ですからカロリー制限をすることに意味はなく、制限すべきは主食となっている炭水化物、つまり糖質であることは一目瞭然です。

合併症が怖い糖尿病

血糖値を下げる働きをしているインスリンは、食事をして血液中にブドウ糖が増えると、脳から指令を受けた膵臓から分泌されるようになります。体内でインスリンを利用するには、細胞の表面にあるインスリンを識別するレセプターに、インスリンが結合しなければなりません。そこで初めて、細胞はブドウ糖を取り込むことができるようになります。

しかし、血液中の脂肪が増えすぎると、脂肪でレセプターが覆い隠され結合できなくなります。すると、この状態を脳はインスリンが足りないと判断し、さらにインスリンの分泌を増やすように指令を出します。

ところが、脂肪が邪魔してインスリンが細胞のレセプターに結合できません。その結果、血液中にブドウ糖が溢れた状態になります。この脂肪を増やす原因になつているのは糖質です。糖質を摂りすぎたことで、余分な糖が肝臓や筋肉に貯蔵されたのが脂肪ですから、脂質の摂りすぎではなく糖質の摂りすぎこそが問題なのです。

糖尿病が怖いのは、何といっても合併症を引き起こすこと。全身のさまざまな機能がダメージを受けますが、なかでも怖いのが3 大合併症といわれる「網膜症」と「腎症」と「神経障害」です。

目の網膜の血管に障害が起こる網膜症は、視力が弱まるだけでなく、進行すると失明する危険があります。腎臓の毛細血管に障害が起こる腎症は、腎機能が低下して尿がつくれなくなり、老廃物が体内に溜まって尿毒症を起こす危険があります。それを防ぐためには人工透析をせざるを得なくなります。

末梢神経がダメージを受けると、手足がしびれたり痛みを感じなくなるため、えそケガをしても気づかず壊痘になって足を切断する事態を招くこともあります。

糖をコントロールする

糖をまったく摂らない断糖は、糖尿病を悪化させずにすみますが、現実的には、とても難しいのです。長い食習慣を変えることは容易でないのです。また、ご飯やパン、うどんといった主食を全く食べずに過ごすことを考えただけで落ち込んでしまいます。しかし、糖尿病が悪化するのもいやなのは誰もが一緒です。そこでどうするかです。

糖質 (炭水化物や糖分 )などを摂っても体から糖質が吸収されない、または、その糖が排泄されればいいのです。そんなことができるのでしょうか。

たとえば、糖質カット酵母 パクパクくん酵母くん は糖質を排泄してくれます。食品ですから副作用もありませんので心配無用です。また、八酵麗茶 は天然薬草が糖質の吸収を抑制してくれます。

こうした糖質の吸収や排泄を促進するものを摂れば糖尿病の悪化を防ぎ、合併症を防ぐことができるということです。当然、効果には個人差がありますが、やってみる価値は多いにあります。

糖尿病と診断されても糖質コントールさえできれば、健康体と変わらない生活が可能です。もちろん、糖質カットできるからといって暴飲暴食はNGですが、きっと糖質をしっかり排泄できるはずです。

関連ページ

  1. 糖尿病 治す 食事 糖質を制限する方法しかない
  2. 糖質制限食は糖尿病、ダイエットに最適な食事療法で主食の炭水化物を減らすだけ
  3. なぜか痩せない
  4. 少食の人
  5. 大食いの人
  6. ビール好き 糖質制限には不向きか 糖質ゼロビール
  7. アトピー傾向がある人は?
  8. スポーツをする人
  9. 痛風気味
  10. ストレスが多い人
  11. 甘いものに目がないけれど、糖質制限食は実践できるか?
  12. 仕事の関係で夕食がいつも遅いけれど糖質制限食はできるか?
  13. 糖質制限食はゆるやかに時間をかけて行う
  14. 糖質制限食のダイエット実行中にどうしても食べたい欲求があればその場で消えて食欲がなくなる「10秒その場ダッシュ」
  15. 血糖値を下げたいならやっぱり糖質制限食が一番てっとり早い
  16. 糖質制限食は3食やるのが理想だが朝、夕の2食でも効果大
  17. 糖尿病の治療は血糖値を上げない食事で膵臓に負担をかけないこと
  18. 現在、主流の血糖値を下げる治療は合併症を悪化させてしまう
  19. 面倒なカロリー制限不要で肉、魚も楽しめる