仕事の関係で夕食がいつも遅いけれど糖質制限食はできるか?

遅い時間に夕食をとると太りやすいといわれます。肥満が健康を損ねる原因になるのは、あらためて強調するまでもないことです。そのため、多くの人がなるべく早い時間に夕食をとらなければと思っていることでしょう。

しかし仕事が忙しいときは、そうもいっていられません。帰宅が夜の9時10時になって、それからようやくのことで食卓につく...というケースもめずらしくないと思います。

現代人は多くの方が遅いほうです。早い時は午後7時からとりますが、それも週に2日ほど。あとは9~10時くらいに食卓につくような毎日という人が大多数です。

それでも太ることはなく、ベスト体重を維持している方はたくさんいます。

その理由はもちろん、糖質制限食を続けているから。良好な体調を維持できるのです。おすすめは、「スーパー糖質制限食」ですが、、「プチ」でも「スタンダード」でもOKです。

夕食が遅いと太るというのは、糖質をとるからにほかなりません。夕食を食べたあとは、たいていお風呂に入るか寝るだけなので、必然的にからだ全体の活動量も少なくなります。筋肉や脳が血糖を消費する畳もそれだけ低くなり、血液中のブドウ糖が余るわけです。その余ったブドウ糖はインスリンによって脂肪へと変えられ、体内の脂肪組織に蓄えられていきます。

遅い時間に夕食をとれば、就寝するまでの時間も短くなるので活動量は少なくなり、ブドウ糖はよけいに余りやすいといえるでしょう。いくら夕食を早めにとっても、そこに糖質がたっぷり含まれているならば当然肥満を招きやすくなります。道にいえば、夕食が遅くても、それが糖質制限食であれば食べても間悪ありません。いつも夕食が遅いという人ほど、糖質制限食を活用していただきたいと思います。この場合、「プチ」でも「スタンダード」でも、もちろんスーパー糖質制限食でも彫十分に防止策になります。