体重の目標設定をやめることで少し太っても気にしないのが腹ヤセ脳の秘訣

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こちらの記事で紹介されているとおり、腹ヤセ脳になるためには、自らの生活習慣を観察・記録する「セルフモニタリング」が必要です。セルフモニタリングをやれば、「よくかんで食べる」「なるべく階段を使う」といった行動に対する体重の変化を、はっきりと把握することができます。

セルフモニタリングのやり方は簡単。セルフモニタリングシートを用意し、行動日標と達成度合いの評価、体重・腹囲などの測定値を毎日記録するだけです。行動日標は、食事と運動でそれぞれ3個まで、合計で最大6個、設定して記入します。

ここで、「10 kgやせる! 」といった体重の数値目標がないことに、疑問を持つ人もいるかもしれません。実は、腹ヤセ脳をひけつ作る第二の秘訣は、「体重の目標設定をやめること」なのです。

ダイエットの目標設定では、「体垂5 kg減」「ウェスト10 cm減」といった数値目標を立てるのが一般的。しかし、こうした数値目標を立てると、逆にダイエットで監視する危険が高まるのです。

ダイエットを始めても、体重が減りだすのには時問がかかります。そこで、体重の数値目標を決めてしまうと、短期問で達成したいと無理をしがちになります。その結果、「がんばってもやせられない」「何をやっても成果が出ない」とあきらめ、挫折してしまうのです。

また、がんばって目標を達成したとしても、急激に体重を落とせば、それだけリバウンド(体重がもとに戻ること) をする確率も高くなります。腹ヤセ脳を作るためには、体重や腹柑四などの数字ではなく、「何をするか」という行動を目標としてください。

そのさいに重要なのは、他人に強制されることなく、「やってみたい」「続けられそう」と思える行動日標を自分自身で決めることです。人は、自分で決めたことに対しては、前向きに取り組むことができます。行動日標を自分で決めれば、やる気も高まり、ダイエットを成功へと導くのです。

毎日、体重測定をして増減を予測する

体重の目標設定をやめるといっても、体重の変化を無視するわけではありません。体重は毎日測定し、記録してください。体重は、腹ヤセ脳になった結果を評価するための基準とするのです。体重は、1日1回、決まった時間、常に測るようにします。体重計は、100g単位で体重を正確に測れるデジタル式を使うようにしましょう。毎日体重を測る習慣ができると、体重計に乗る前に自分の体重が予測できるようになります。

今日は通勤時に階段を使ったから500g減っているかな」「昨晩お酒を飲みすぎたから300g増えているかも」といった具合です。もっとも、予測を的中させることが目的ではなく、予測どおり減っていても増えていても、なぜそうなったかという原因を考えることが大事です。

こうして自らの行動をセルフモニタリングすれば、行動と成果が結びついて、やる気が高まるのです。とはいえ、体重が確実に増えていそうな日は、あえて体垂を測らなくても大丈夫。体重計の数字を見てショックを受けるくらいなら、体重計に乗らない日にしてしまったほうが、結果的に長続きします。

息苦しく感じずに余裕を持って行うのが、腹ヤセ脳にすぐなる大事なコツです。毎日の体重測定に慣れてきたら、体重を折れ線グラフ化すると、より効果が高まります。グラフにすれば体重の変化が日に見えてわかりやすくなるため、ダイエットが楽しくなるでしょう。グラフの目盛りは1kg単位でなく100g単位にすれば、わずかな体重の変化が大きく感じられ、さらに親しみがわきます。

diet maniaではさまざまなダイエット方法。科学的な根拠に基づいた45種類のダイエット方法を紹介しています。