他のメディアと比較して

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

USBメモリの良いところばかりを説明しても良さは伝わらないだろう。ということでUSBメモリと他の記憶装置とを比較。ここで他のメディアについても少し知識を深めたい。

記録メディア自体には様々な種類が存在している


USBメモリと同様にポータブルタイプの記銀メディアと一口に言っても色々とある。USBメモリにポータブルハードディスク・SD カード・CD-R( W )・DVD-R (W)・BD-R (W )・メモリースティックなど、例を挙げればキリがないくらいだ。ただし、使用する機器によって何を使うかが決められてしまう場合が多いので、メディアにあわせて機器を選ぶのは難しいかもしれない。

USBメモリvsCD-R(W)/DVD-R(W)


たとえば、USBメモリのメリットとしては、書き込みにソフトウェアは不要。USBポートに接続すればすぐに使える。、また、表面にキズがついても使用に問題が発生しない。
次にデメリットは、安い物は容量が少ないこと。
つぎにCD-R(W)/DVD-R(W)のメリットは、パソコン以外でも利用することが可能。ふたつめに1枚当たりの価単価が安い。次にデメリットとして書き込む際にソフトウ土アが必要なこと。そして盤面に傷が付くと読み込めなくなること。

まとめとして
CD-R(W)/DVD-R(W)は、いくらパソコン以外の物で再生することができても、書き込む際に専用のソフトウェアが必要では使い勝手が悪い。その点USBメモリは、ソフトウェアなしで書き込むことができるので使いやすい。また、1 スピンドル以下のパソコンではディスクメディアは使えないことが多いのてそれもデメリットと言える。

ポータブルハードディスクvsUSBメモリ


ポータブルハードディスクのメリットとして転送速度が速い。値段に対して容量が多いなどがある。デメリットは、衝撃でデータが消えてしまうことがある。電力消費量が多いなどである。
次にUSBメモリのメリットとして衝撃に強くデータが消えにくい。電力消費量が少ないなどがある。次にUSBメモリのデメリットとして容量が多いモノは価格が高い。最近は、大容量化がすすみ低価格化も同時にすすんでいるのでメリットは感じにくくなっている。
ハードディスクは大容量のデータを持ち歩くのには向いているが机衝撃への耐性が低いため簡単にデータが消えてしまいやすい。
重要なデータであればあるほど、データが消えてしまっては困る。しかし、USBメモリは多少の衝撃ではデータが壊れることなく安全に持ち運びができるので機動性が高い。

有効活用

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

データのコピーだけではもったいない

USBメモリは基本的にはデータを持ち運ぶ際に利用されることが多い。だが、USBメモリは説明した使用方法以外にも色々なことに利用できる。 USBメモリの中に普段使用しているブラウザを入れることもできるし、メーラを入れることもできる。さらには、オフィスソフトまで入れることだってできてしまう。 インターネットカフェの数も増えているし、会社に も友人宅にしてもパソコンがあるのは、ほぼ当たり前のようになっている昨今、外出先で自分のデスクトップを開いているのとあまり変わらない状況が作れるのはとても有り難い。また、データも自分のUSBメモリに入れるため、自分が使用したデータの痕跡も残らない。危険視されているインターネットカフェでの情報漏洩の可能性もコレで心配がなくなったと言うことになる。

外出先でもいつもの環境を

  • Office
  • ブラウザ
  • メーラー
仕事でこの3 つのソフトウェアを使っている人がほとんど。外出先で自分の使っている設定のまま使えるようにしたいなら、USBメモリにこれらのソフトウェアを入れていつもと同じ設定にじこおくと良いだろう。

USBメモリを自分仕様に設定

使い慣れたPCの環境を外に持ち出そうと考えた場合、まず1 番最初にノートパソコンが思いつく。確かに持ち運ぶことが前提に作られているのでデスクトップタイプのパソコンよりは小さい坑それでも持ち歩くには少し重い。 しかし、USBメモリなら移動先で仕事をする場合、そこにパソコンがあることは多いだろうし、何よりUSBメモリは小さく軽いのが特徴。同じ「自分のデスクトップ環境を持ち歩く」という目的なのであれば、持ち運びやすい方を選ぶ方が断然使いやすい。

ノートパソコンは、仕事で使うようなモノだと重さが2 ~ 3 kg 以上でサイズはA 4 サイズ程度。持ち運び用の小型のモノでも重さが1 kg でサイズはB5 サイズ程度。

最近は、小型の高性能ノートPCも登場している。
1.5kg未満の軽量ノートPC一覧
USBメモリは、USB の端子の規格が決まっているので、USB に接続することのできるサイズまでしか小さくできないが大きい物でも重さ約1 0 g 、長さ約8cm 程度。

情報漏洩を防ぐために


USBメモリは小さく軽いモノなので落としやすい。もしUSB メモリを落とし、社内の重要事項を漏洩させてしまっては責任問題にもなりかねない。それなのに対策をしないのはデキる大人のやることではない。
ストラップはどこでも手に入るようなモノなので、できる限り付けるようにしよう。ネックストラップタイプのストラップをつければ、なくす可能性も減り、安心。

USBメモリを挿す方向


ほとんどのUSBメモリはアクセスランプがついている。そしこそのアクセスランプはUSBメモリをパソコンに挿した時に上を向くようになっている。
だから挿し込む時にはアクセスランプが上を向くように挿し込めばいい。とは言っても、アクセスランプが後ろについているモノもあるので、その場合はメーカー名が書いてある方が上を向くように挿し込めば大概はOK。

初心者にもわかる「USBメモリ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

USBメモリは持ち運びに優れた記憶装置

USBメモリは「メモリ」という名前が付けられているが「メモリ」はパソコンに搭載されている内蔵のメモリとは別物で、電源を消してもデータが消えない「フラッシュメモリ」という意味。

現在販売されているパソコンには、USBに対応している挿し込み口が必ず付いている。また、データの書き込み・読み込みが容易で、持ち運ぶのに適したサイズ・重さとなっている。さらに最近ではどんどん大容量化がすすみ、64GB、128GBと容量の大きいタイプ、そしてUSB3.0という新しい規格に対応した高速なUSBメモリが登場している。

USBメモリの利点を挙げるとすると、のパソコンでも使えるということ。更に書き込みや読み込む際に、特にソフトウェアを必要としないのも利点。

そしてそれは、持ち運びを前提とした記憶装置としてはとても優秀だと言える。さらにサイズも標準的なもので5 ~ 8 cm 程度の大きさしかなく、価格が安いとなれば言うことナシ。

  • どのパソコンでも利用することが可能…パソコンを選ばず使えるので同じOSであれば互換性を気にしなくてよい。
  • 手軽に持ち運びしやすいサイズ…最大でも8 cm 程度のサイズなので持ち運びの際も邪魔にならない。
  • 手頃な値段で手にしやすい価格設定…4GBのモノで1000~2000円程度と、気軽に購入しやすい。

PC以外にも使える

USBメモリはどのようなパソコンでも使える万能な記憶装置だが実はパソコンだけでなくPS3 や複合型プリンタ、CD /DVD ミニコンポなどのデジタル家電の中にもUSB メモリを挿入することができるモノがある。これらのデジタル家電でUSBメモリを使用する場合、特にドライバなどのソフトウェアのインストールが必要なく、パソコンを介さずして単体でUSB メモリが使用できるため、使い方によっては非常に便利だといえるだろう。 また最近では、スマホからデータ移行やタブレットの記憶媒体としても使用が可能。

ちょっと専門的な話「USBメモリの中身」

USBメモリは大きく分けて、フラッシュメモリ・コントローラチップ・USB端子の3つの部品から成り立っている。この中で1番重要なのはフラッシュメモリで、ここにUSB メモリに保存されるデータの全てが書き込まれる。 またコントロールチップはデータの受け渡しや読み書きなどの処理をするところでUSB 端子はパソコンと接続する部分となっている。