タグ「パクパク酵母」が付けられているもの

糖尿病を改善するための食生活として効果的な 糖質制限食 。主食であるご飯、パン、麺類といった炭水化物を食事から抜くことで、糖尿病の原因となる糖質量の制限を狙った食事法です。糖質制限食についての詳細はこちら
pasta-gb80f86469_640.jpg
ダイエット方法としても人気の 糖質制限食 ですが、最近は、コンビニ、などでも糖質を制限した製品が多数ラインアップされています。スイーツなどでも 糖質 を半分以下にしたものも売れ切れ続出しています。糖質が太る原因だということがわかってきたので、糖質量を意識したり、減らしたりすることで太らないように考える人が増えてきました。

炭水化物や砂糖以外であれば何を食べてもよいという単純明快な方法と、改善効果の高さから、糖尿病に悩む方々の支持を得たのです。

とはいえ、食事で 白米 を食べられないのは味気ないもの。どんなおかずも炊きたての白米 と一緒だからこそおいしいというご飯好きの人は多いものです。

お米だけではなく、 うどん そば ラーメン スパゲティー など、食事の主役となる 麺類 も たくさんあります。 糖質制限食 の場合、こういっ た馴染み深いメニューは食卓から遠ざけるほかありません。

そんなときこそ 「 糖カット酵母 」 パクパク酵母くん の出番です。

  • パン酵母
  • 酒粕酵母
  • ワイン酵母

という3種類の 酵母 を配合し、食事 で摂取した 糖質 を文字通り カット する働きがあります。
もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。

これまで一般的だったカロリー制限食につきものの面倒な計算はいっさい不要ですし、肉類、魚類、チーズ、油も制限しなくていいので難しくないダイエット方法ですし、糖尿尿の方は、これで血糖値、ヘモグロビンA1Cを下げることができるのであればやらない理由はありません。

糖質カット酵母 「 パクパク酵母くん 」 を食べて糖尿病を撃退しましょう。食べ過ぎ!飲み過ぎ!はこの糖質カットによりなかったことにしてくれる優れモノです。糖尿病は、食習慣、運動習慣が非常に重要ですが、これを厳密にやってもなかなか血糖値やヘモグロビンA1Cが下がらない現実があります。そこで糖質をカットしてしまえば、血糖値、ヘモグロビンA1Cは上がらないという考え方です。

糖尿病になる人や太り気味の人は、人よりも繊細で気遣いがよくできる性格の人が多く、その裏返しで食べ過ぎ、飲み過ぎの食習慣から抜け出せずにいます。
仕事でも学校でも人一倍相手のことを思いやり自分のことは後回しにしてしまいます。結果、病気になったり肥満になってしまうのでは損です。

ストレスによる過食は、ドーパミンとセロトニンの関係性ストレスを感じることで、脳の大脳辺縁系が興奮し、ドーパミンというホルモンが過剰に分泌されます。 このドーパミンは摂食中枢を刺激し、食欲を盛んにさせてしまいます。 このドーパミンが過剰分泌されることによって、セロトニンといわれる脳内伝達物質の分泌が低下してしまいます。

糖質カット酵母「パクパク酵母くん」はダイエット中やストレスから食べ過ぎてしまったときにも利用できます。

普段よりダイエット中の方が「食べたくなる」のは節制しているストレスのせいです。普段なら食べたくならないものでも異常に食べたくなってしまったりします。そんなときは、少しだけ食べて、あとは 糖カット酵母 「 パクパク酵母くん 」で食べてしまったことをなかったことにしましょう。

一体どんなものでできているのか?
「 パクパク 酵母くん 」 の 原料 はこちらです

食事制限というのは、慣れてしまえばたいしたことないのですが、最初はイライラしたり、食べ物のことばかりが頭に浮かんできたりします。そういったストレスを軽減するためにもおすすめです。少し糖尿病には NG というものでも食べた後に パクパクくん酵母 を食べれば一気に血糖値やヘモグロビンA1Cがあがらなくてすみます。

1 日にどれくらい飲めばよいですか? という質問が多いのですが、食品ですので特に決まりはありませんが、1 日に 2 包前後を目安に飲む人が多いようです。

パクパク酵母くん 実際に飲んだ方々の生の声

パクパク酵母くんを実際に試してヘモグロビンA1Cや血糖値が下がった方々の生の声を紹介しています。それほど難しくなく食前に パクパク酵母くん を食べるだけで皆さんよい成果がでています。
例えば、今日は少し甘いものを食べたいなぁと思ったときにも パクパク酵母くん の出番です。糖尿病でストレスフルになっている方には是非試してもらいたいと思います。

パクパク酵母くん よくあるQ&A

パクパク酵母くんは、一般的に健康食品と呼ばれている食品です。健康食品は薬と混同されがちですが、薬のように病気の治療や予防を目的とするものではないので、効能効果を言うことができません。パクパク酵母くんは、3種の酵母(パン酵母・清酒酵母・ワイン酵母)・桑濃縮エキス末・桑葉末など、毎日の生活習慣に役立つ成分を手軽に補うことができる食品です。

パクパク酵母くん には次の 3 種類の酵母が配合されていて、食事で摂取した余分な 糖質 を文字通り カット する働きがあります。

  • パン酵母 小麦に含まれている糖を分解する力が強い
  • 酒粕酵母 お米に含まれている糖を分解する力が強い
  • ワイン酵母 果物に含まれている糖を分解する力が強い

もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。生きている酵母は糖を食べて、水と炭酸ガスに分解してくれます。

ところが、通常、酵母は胃酸で溶かされ腸まではなかなか届きにくいのです。 その点、 糖カット酵母 パクパク酵母くん は、抗酸化物質として知られる アントシアニン ( ムラサキイモ )、 リコピン ( トマト )、フラボノイド ( ルイボス )で補強されていて胃酸への抵抗性が高いため、負けずに生きたままで腸に到達します。体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 パクパク酵母くん の摂取は、 糖質制限食 と同様の効果を発揮します。

また、 パクパク酵母くん は 3 種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合しているのも特徴です。桑は、鎌倉時代にはすでにその効能が知られていたといいますが、近年の研究では、桑に、血糖値の上昇を抑制する効果をもつ成分 DNJ ( 1-デオキシノジリマイシン )が含まれていることが判明しています。

このように、 パクパク酵母くん には、糖を分解する強い力をもつ 酵母 と糖の吸収を抑える のエキスが含まれているため、血糖値のほかにも、血圧、コレステロール、肥満など、血液検査で気になるさまざまな数値の改善をサポートします。

また、原材料をよくご覧になり、苦手な原材料が含まれていないか、ご確認ください。特に敏感な方やアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

  • 内容量:31袋
  • お召しあがり方: 本品は食品ですので用量・用法の規定はありませんが、1日に1~3袋を目安に、水又はぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
  • ご利用上の注意: 開封後は出来るだけ早くお召し上がりください。 原材料の特製上、酵母臭・もろみ臭がありますが品質には問題ありません。 体質に合わない場合は使用を中止してください。 乳児の手の届かないところに保管してください。
  • 販売元:株式会社 毎日笑顔
  • 原材料名: 乾燥酵母(パン酵母)、桑濃縮エキス末、乾燥醸造酵母(清酒酵母、ワイン酵母)、桑葉末、ムラサキイモ末、ルイボスティエキス末、結晶セルロース、トマト色素(リコピン)【原料の一部に大豆含む】

摂取糖分の 7 割をカットするので、好きな物を食べていても酵母がしっかり働く

糖カット酵母 パクパク酵母くん は、腸内でどのような働きをするのでしょうか。3 種の酵母が糖質を分解する様子を、実験によって再現してみました。

体内の温度とほぼ同じである40度のお湯100cc に砂糖5g を溶かし入れ、そこへ糖質カット酵母 2g を投入。間もなく発酵が始まり、10分ほどで水面は泡で覆われます。

これは酵母が糖質をぐんぐん分解している証拠。砂糖の量は時間とともに減少し、4時間で全体の3分の1以上にあたる75% の糖質を分解することがわかりました。

つまり、100 g の白米を3食食べたとしても 糖カット酵母 パクパク酵母くん を摂取していれば、2食分を抜いたことと同様の効果があるといえるのです。 糖カット酵母 「 パクパク酵母くん 」で糖質を分解すれば、好きな物を我慢する必要もなし。おいしい食事に舌鼓をうちながらも、糖質制限が実現されるわけです。

ダイエット中に食べ過ぎてしまった際にも 糖カット酵母 パクパク酵母くん を上手に活用すれば安心です。上手に活用すれば...というのは、食べて直後に パクパク酵母くん を飲む、または、食前に パクパク酵母くん を飲むだけです。

糖カット酵母 パクパク酵母くん がほかの酵母と大きく異なる点は、パン酵母、酒粕酵母、ワイン酵母の3つの酵母が、生きたまま腸まで届くことがあげられます。多くの酵母は胃で消化されてしまいますが、3つの酵母を酸性の人工胃液に加えた実験で、その抜群の酢酸性が証明されました。

一般的に食べ物が胃の中に留まる時間は、消化のよい白米などで 1 ~ 2 時間、消化されにくいバターや肉類などで2~3時間とされています。 パクパク酵母くん の場合は、強い酸に2時間さらされた状態であっても酵母の数はほとんど減ることがありませんでした。3種の酵母は胃の中で食べ物が消化される間も生き伸びることができるため、腸内で糖質や脂質が吸収されるのを抑制してくれるのです。

さらに、桑由来成分を配合した 糖カット酵母 パクパク酵母くん には、食後血糖値の上昇に関係する α-グルコシダーゼ の動きを抑える働きがあります。α-グルコシダーゼ は、摂取したデンプンなどをブドウ糖に分解する酵素です。糖カット酵母 パクパク酵母くん は、この酵素の活性を抑制して糖質の吸収を阻害することで、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあります。

パクパク酵母くん 血糖値 が 200 mm/dl が120 mm/dl に改善 したので紹介します。私の場合、飲み始めるとガスがたくさん出て、便通も改善されました。とにかく血糖値が大きく下がってくれたので、とても安心しています。 パクパク酵母くん のおかげで乗り切れました。

ヘモグロビンA1c は 6.0 まで下がった

半年ほど前、朝起きてみると布団の上に自分の足先の皮と爪がはがれていました。それでも足は特に痛くもかゆくもありません。この状態に驚いて病院に駆け込むと、血液検査の結果 糖尿病 と判明しました。このとき、血糖値は 200 mm/dl 以上、ヘモグロビンA1c は 8.2 もあったのです。自分でもとても驚きました。

足先に突如起きたこの異変は、糖尿病が原因だったのですが、実はその前から予兆はあり、足がむくんで鉛のように重く、手指にはビリビリした痛みが出現していました。ほかにも、足先のことで言えば異常な乾燥がありました。皮膚が乾燥して痒くて痒くて無意識のうちに掻きまくっていたのですが、その痒さは言葉で表現するのが難しいくらい異常だったと思います。結局これらも糖尿病が原因でした。

後で知ったのですが、血糖値が高い状態が続くと、しびれや痛みを感じたり、その逆に感覚がなくなったりするのだそうです。本当に糖尿病という病気は怖いなぁ~と感じました。血管がことごとく破壊されていくことで、腎臓や目などの毛細血管がどんどんやられてしまうのだそうです。

医師からは即入院を勧められましたが、自力でなんとかしたいと思い、食生活の改善と運動から始めることにしました。知り合いが食事で糖尿病を上手にコントロールして10年以上も落ち着いているので、私もがんばりたいと思ったのです。

私はお酒が大好きで、1 回の飲酒量は人より多いと自覚があります。飲み会でもだいたい自分が一番飲みます。家では毎晩、ビール 3L に焼酎 1L 程度を飲み干していました。今思うと、これで体に害がないわけがありません。お酒を飲むとどうしてもお酒だけでなくつまみを食べたり、シメにラーメンを食べたり、おにぎりを食べてしまいます。そんな生活でしたが、まず糖質の多いビールを飲むのを止めて、食事は野菜と魚を主体に変更。肉も大好きだったのですが、肉をやめて魚介類にして基本的にヘルシーな食事に変えました。

体を動かすことはウォーキングを日課にして、朝晩 1 時間ずつ歩くようになりました。ウォーキングをするとストレス解消にもなって気分がよくなりました。イライラしなくなったのはウォーキングをはじめて 1 ヶ月くらいしてからだったと思います。はじめのうちは筋肉痛で苦痛でしたが、2 ヶ月くらいすると、ウォーキングをしないと気持ち悪くなるぐらいになりました。汗ばむくらいの運動がちょうどいいと言われていたので、私にはベストな運動量だったのかもしれません。

さらに、糖質を分解してくれる健康食品だとラジオで聴いたので、 糖質カット酵母 パクパク酵母くん をすぐに注文しました。 パクパク酵母くん には 3 種の酵母が入っていて、血糖値やヘモグロビンA1C の調整に役立つということでした。

飲み始めるとガスがたくさん出て、便通も改善されたのです。最初、お腹が異常に張ったので体に合わなかったのかと不安になりましたが、快便になる前の改善のサインだったのだとわかりました。それから 3 ヶ月後に病院に行くと、血糖値が180 mm/dl 、ヘモグロビンA1Cが 7.2 まで下がっていました。体の倦怠感や、朝の目覚めもすっきりしてきました。

血糖値が高いと、尿に糖分が排泄されるため、尿のにおいが甘くなることがあります。また、尿に含まれるタンパク質も、尿のにおいに影響を与えることがあるそうですが、こうした特有の尿のにおいも少しずつ改善されていきました。

薬も少し飲み始めたからか、検査数値は 1 ヶ月ごとに順調に下降。現在は血糖値が 120 mm/dl、 ヘモグロビンA1c が 6.0 となって、糖尿病は改善しました。

最初、病院で糖尿病と診断された頃は目の痛みがかなりあったのですが、気になっていた目のかすみが次第によくなってきて、見え方の調子がよくなりました。これも生活習慣の見直しや パクパク酵母くん のおかげか、インシュリンも打たなくてすみました。

これには、主治医もとても驚いていました。さらに、100 kg あった体重もこの半年で 20 kg 減。糖質カット酵母 パクパク酵母くん が糖質を分解し、糖尿病改善とダイエットに働いてくれたことは間違いありません。少し食べ過ぎても パクパク酵母くん のおかげで血糖値が上昇しないのです。ただ、たまに食べ過ぎたり、ウォーキングをさぼるとさすがに倦怠感が強く出るので、さぼってはいけないと感じています。足先も健康を回復し、しびれやむくみも解消。体が軽く調子がよいのもうれしいです。

パクパク酵母くん

糖質カット酵母 パクパク酵母くん 口コミ レビュー 使用感

パクパク酵母くん糖尿病 による合併症が目にまで症状が出始めていたが改善できました。具体的には、糖尿病の数値 ヘモグロビンA1C  5.5 になり食事制限からも開放されています。現在は、パクパク酵母くんを食前に飲みながら厳しい食事制限は行っていません。

パクパク酵母くん糖尿病 の検査値 ヘモグロビンA1c が下がった

pakupaku 1200.jpg

私の糖尿病が判明したのは 40 代になってからです。甘いものや脂っこい食事や飲酒といった連日の暴飲暴食のために、血糖値が上昇。いつの間にか、立派な糖尿病予備軍になっていたのです。しかし、そうは言っても特に自覚症状はなく、のんきに放置していました。

予備軍ならまだ大丈夫と放置してしまっていました。糖尿病予備群とは、糖尿病と診断されるほど血糖値が高くないものの、血糖値が正常より高い状態にあることを指します。

糖尿病予備軍は以下のいずれかが該当します。

  • 空腹時血糖値が 110 mg/dl 以上126 mg/dl 未満
  • 75 g 経口ブドウ糖負荷試験 2 時間後の血糖値が 140 mg/dl 以上200 mg/dl 未満

体の調子はどこも悪くなかったので今思うと不思議でなりません。食生活を見直すこともありませんでした。全く危機意識がなく、他人事のように感じていました。この自覚症状が薄いのがよくないと、後で主治医に言われました。それならもっと早く、教えてほしかったです。

糖尿病という病気は、ほとんどの人が自覚症状がなく自覚症状が出てくる頃には、かなり進行しているのだそうです。つまり、糖尿病予備群の時期にすでに生活習慣、食習慣に取り組まなければいけないということです。

急に糖尿病による症状がでてきた

5 年ほど前、突如として私の体に異変が起き始めました。体は常に重く、どんなに休んでも疲れがとれません。70 歳を過ぎて年齢のせいかと思っていたのですが、今度は視界がかすむようになりました。目の変調は続いて、クモの巣が張ったように視界がくもりだし、とうとう目から出血。痛みがとても辛くこれはただ事ではないと私も自覚しました。

病院へ行くと、糖尿病による合併症とのことでした。30年近く放置していた高血糖の影響が、ついに体に表れたのです。血糖値が高いくらいでは、症状がほとんどなく、放置してしまうと一気に症状が次々とあらわれる糖尿病は、恐ろしい病気です。

幸い手術が成功して失明を免れた私は、この機会に糖尿病を改善しようと決意しました。ようやくやるきスイッチが入ったのです。

お米やパンを食べない糖質制限食を実行すると、1~2ヶ月で血糖値は面白いように下がっていきました。知人は血糖値や ヘモグロビンA1C が 9.0 以下にならずに困っていると言っていたので、私は本当にラッキーなのかもしれません。

数値が下がった後に安心し糖質制限をやめてしまった

それなのに、半年で基準値近くまで血糖値が下がると、安心した私は以前のような食生活に戻ってしまったのです。

すると血糖値は簡単に元に戻ってしまい、 ヘモグロビンA1C は 7.8 に。医師からは透析の可能性すら指摘される有様です。また、糖尿病の怖さを身をもって知りました。

パクパク酵母くん との出会い

そんなとき、ラジオで 糖質カット酵母 「 パクパク酵母くん 」 のことを知りました。飲むだけなら手軽ですし、続けられるはずと思ってすぐに注文。飲用を開始しました。

飲み始めてすぐに感じたのがガスの増加でした。糖質をぐんぐん分解している証拠でしょう。お米の量を減らしたゆるい 糖質制限 を続けながらも、低糖質のパンやめん類は食べていましたが、3ヶ月が経過すると、検査数値が明らかに下降してきました。

「 糖カット酵母 」は

  • パン酵母
  • 酒粕酵母
  • ワイン酵母

という3種類の酵母を配合し、食事で摂取した 糖質 を文字通りカットする働きがあります。
もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。

ところが通常の酵母は胃酸で溶かされ、なかなか腸まで届きにくいのです。 しかし、「 糖カット酵母 」 は胃酸 への抵抗性が高いため、負けず に生きたままで腸に到達。

体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 糖質制限食 と同様の効果を発揮するのです。 「 糖カット酵母 」 は三種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる、 桑濃縮エキス末、桑葉未 を配合しています。

私は、医師からもお褒めの言葉をいただけるようになりました。糖質カット酵母を飲み始めてから2年ほど経った現在では、 ヘモグロビンA1C は 5.5 にまで大改善。しっかり正常値を維持できるようになって、食事制限も止めることができました。近ごろでは目の調子がとてもよく、出血前よりも視力は上がってきているように感じます。当然ですが、糖のコントロールが重要なのだと今になってわかります。

私が自分の経験から学んだことは、糖のコントロールというのは、初期の頃の方が簡単だということです。私のように合併症が出てからだと、ある程度は数値がさがるのですが、その先がなかなか苦労します。

長い間、お米を食べる生活をしてきたので、急にお米をやめると、かわりに甘いものを食べてしまい、血糖値やヘモグロビンA1cが急上昇します。こういったことが体に負担をかけ、目などにも及んでしまうということです。今は、低糖質の食べものなども増えてきていますし、そういったものを積極的に利用すれば、適正数値にコントロールするのに役立ちます。

パクパク酵母くん

ひとりでも多くの糖尿病患者さんが血糖値や ヘモグロビンA1C のコントロールができ、合併症の恐怖から解放されるといいなぁ~と思っています。私はこれからも パクパク酵母くん をとり続けたいと思います。

パクパク酵母くん 口コミ 生の声

パクパク 酵母くん 効能 1ヶ月飲んだら 血糖値 200 mm/dl が 80 台まで下がった私のパクパク酵母くんレポートをお届けします。

パクパク 酵母くん 効能 のおかげで最近まで履いていたズボンがぶかぶかになった

パクパクくん酵母 banner.jpg

最初、なかなか治らい風邪を不思議に思って病院へ行ったところ、 血糖値 が高いことが判明して即日入院となりました。

いつまでもぐずぐずして治らないのでおかしいなとは思っていましたが、まさか私が糖尿病の仲間入りをするとは夢にまで思っていませんでした。

このとき、自覚症状はまったくなかったのですが、空腹時の血糖値は 200 mm/dl 台にまで達していたのです。大の甘党だったことが原因のひとつでしょう。

とにかく甘いものが大好きでいくらでも食べていました。一度、手をつけるとほとんど食べきってしまうほどで、自分でも病気だとお腹の肉をつまんでは、わははと笑い飛ばしていましたが、やっぱり体は悲鳴をあげていたのでしょう。

若いならまだ代謝して糖も分解されるのでしょうけれど、中年以降になれば、代謝もおちますし、太るわ、血糖値があがるわ は当たり前です。

入院生活は1ヶ月半におよび、食事制限、投薬、インスリン注射による治療が始まりました。友人も、同じように糖尿病予備群でインスリン注射をしていますが、血糖値やヘモグロビンA1Cがさがらずに四苦八苦しているのを目の当たりにしているので、気分が沈みました。

炭水化物や糖質などの厳しい食事制限

中でも食事制限は厳しいもので、炭水化物の量を大幅に減らされた上、当然に甘いものは禁止。
野菜が中心の食生活で、いつも空腹感を覚えていたのです。退院後も2週間に1度通院していましたが、それでも 血糖値 はなかなか下がらず、注射する インスリン の量が増えていくばかりでした。

インスリン抵抗性といい、インスリンの働きが弱くなるのだそうです。インスリンが十分に働かなくなると、血糖値が下がりにくくなり、高血糖につながります。

そこでインスリン注射の量が増えてしまうのです。私も、ある程度、運動をしたり、食事量もごはんなどの炭水化物を減らしていましたが、なかなか効果があらわれずに落ち込む毎日でした。

このまま 糖尿病 が改善されず合併症になり、母のように自分が介護される側になるのでは、と思うと不安は膨らみます。糖尿病患者の場合、健常者と比べるとさまざまな点でリスクしかありません。

たとえば、糖尿病患者は、健常者に比べて寿命が短くなるのは言うまでもありませんが、

  • 心血管疾患(心筋梗塞、脳梗塞など)
  • 脳卒中
  • 腎臓病
  • 神経障害
  • 失明
  • 足の壊疽

などといったこれらの合併症は、糖尿病のコントロールが不十分な場合に発症しやすくなります。

糖尿病 にいいというサプリメント(桑の葉)などを試してみてはいたのですが、結果がでませんでした。鬱ぎがちになって趣味だった競馬や宝くじもすっかりやる気がなくなってしまい、家に引きこもることが多くなりました。

パクパク酵母くん テレビショッピングで見た

テレビショッピングで 糖質カット酵母 パクパク 酵母くん の存在を知ったのはそんなときのことでした。

体内で糖質を分解してくれるものだと知り、試してみたいと思ったのです。糖質カット酵母 パクパク 酵母くんを飲み始めると、以前は半月に1度だった便通が毎日快便になり、酵母が腸まで届いているのだと実感。体調によい 効能 効果 があらわれるととても気分がいいものです。

そして、期待通り血糖値にも変化が現れてきました。1ヶ月半が経過するころには、200 mm/dl 台あった数値が80 mm/dl 台にまで一気に下がったのです。同時に体重もストンと10 kgも減りました。これまでのズボンはブカブカになって、期せずして健康的にやせることもできました。

以前は、ダイエットをしたのですが、すぐにリバウンドで元の体重以上に戻ってしまいましたが、今回は、減ったままの体重がキープできています。

以来、通院頻度は少なくなっていって、今では3ヶ月に1度。食事制限もほぼ不要になって、好物を食べるのも気兼ねいらず。精神的にも再び前岡きになれ、以前のようなイライラを感じることもありません。趣味や友人たちとのバスツアーなどを楽しめるようになりました。

パクパク酵母くん 血糖値 ヘモグロビンA1C が下がる仕組み

パクパク酵母くん 血糖値 に与える作用とそのよい影響

ダイエット方法としても人気の 糖質制限食 ですが、最近は、コンビニ、などでも糖質を制限した製品が多数ラインアップされています。スイーツなどでも 糖質 を半分以下にしたものも売れ切れ続出しています。

糖質が太る原因だということがわかってきたので、糖質量を意識したり、減らしたりすることで太らないように考える人が増えてきました。

炭水化物や砂糖以外であれば何を食べてもよいという単純明快な方法と、改善効果の高さから、糖尿病に悩む方々の支持を得たのです。糖尿病は厳密な食事制限が強いられてしまいますが、主食のごはんやパン、そしてうどんなどの麺類を食べてもその後にパクパク酵母くんを食べれば血糖値やヘモグロビンA1Cが上昇しないのです。

糖質制限食のように食事で 白米 を食べられないのは味気ないもの。どんなおかずも炊きたての白米 と一緒だからこそおいしいというご飯好きの人は多いものです。

お米だけではなく、 うどん そば ラーメン スパゲティー など、食事の主役となる 麺類 も たくさんあります。 糖質制限食 の場合、こういっ た馴染み深いメニューは食卓から遠ざけるほかありません。

そんなときこそ 「 糖カット酵母 」 パクパク酵母くん の出番です。

  • パン酵母
  • 酒粕酵母
  • ワイン酵母

という3種類の 酵母 を配合し、食事 で摂取した 糖質 を文字通り カット する働きがあります。
もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。

これまで一般的だったカロリー制限食につきものの面倒な計算はいっさい不要ですし、肉類、魚類、チーズ、油も制限しなくていいので難しくないダイエット方法ですし、糖尿病の方は、これで血糖値、ヘモグロビンA1Cを下げることができるのであればやらない理由はありません。

パクパク酵母くん

糖質カット酵母の使用感と効果