目にまで症状がではじめていた糖尿病が パクパク 酵母くん でよくなり HbA1C が 5.5 になり食事制限から開放

医師も納得の検査値

私の糖尿病が判明したのは40代になってからです。甘いものや脂っこい食事や飲酒といった連日の暴飲暴食のために、血糖値が上昇。いつの間にか、立派な糖尿病予備軍になっていたのです。

それでも体の調子はどこも悪くなかったので今思うと不思議でなりません。食生活を見直すこともありませんでした。全く危機意識がなく、他人事のように感じていました。この自覚症状が薄いのがよくないとあとで主治医に言われました。

すると5年ほど前、突如体に異変が起き始めました。体は常に重く、どんなに休んでも疲れが取れません。70歳を過ぎて年齢のせいかと思っていたのですが、今度は視界がかすむようになりました。

目の変調は続いて、クモの巣が張ったように視界がくもりだし、とうとう目から出血。さすがにただ事ではないと思って病院へ行くと、糖尿病による合併症とのこと。

30年近く放置していた高血糖の影響が、ついに体に表れたのです。幸い手術が成功して失明を免れた私は、この機会に糖尿病を改善しようと決意しました。お米やパンを食べない糖質制限食を実行すると、1~2ヶ月で血糖値は面白いように下がっていきました。

半年で基準値近くまで血糖値を下げると、安心した私は以前のような食生活に戻ってしまったのです。すると血糖値は簡単に元に戻ってしまい、 HbA1C は 7.8 に。医師からは透析の可能性すら指摘される有様です。そんなとき、ラジオで 糖質カット酵母 「 パクパクくん酵母 」 のこと知りました。

飲むだけなら手軽ですし、続けられるはずと思ってすぐに注文。飲用を開始しました。飲み始めてすぐに感じたのがガスの増加。

糖質をぐんぐん分解している証拠でしょう。お米の量を減らしたゆるい 糖質制限 を続けながらも、低糖質のパンやめん類は食べていましたが、3ヶ月が経過すると、検査数値が明らかに下降してきました。

医師からもお褒めの言葉をいただけるようになったのです。糖質カット酵母を飲み始めてから2年弱経った現在では、 HbA1C は 5.5 にまで大改善。しっかり正常値を維持できるようになって、食事制限も止めることができました。近ごろでは目の調子がとてもよく、出血前よりも視力は上がってきているように感じます。当然ですが、糖のコントロールが重要なんだと今になってわかります。

私は自分の経験から学んだことは、糖のコントロールというのは、初期の頃の方が簡単だということです。私のように、合併症がでてからだと、ある程度は、数値がさがるのですが、そのさきがなかなか苦労します。

長い間、お米を食べる生活をしてきたので、急にお米をやめると、かわりに甘いものを食べてしまい、血糖値やヘモグロビンA1Cが急上昇します。そういった急上昇が、体に負担をかけ、目などにも及んでしまうということです。今は、低糖質のパンなどもありますし、そういったものを積極的に利用すれば糖尿病は、治らない病気ですが、適正数値をコントロールすることができます。

糖質カット酵母で食後の血糖値の急上昇もなし 「 パクパク酵母くん 」