五十肩、腰痛、首の痛みが「指握り」で改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2~3年前から、五十肩に悩まされており、肩の状態が悪くなると、脱が肩より上に上がらなくなってしまいます。今年の2月の終わりのことでしたが、その日も、肩の状態が思わしくなく、肩が重くてしかたがなかったのです。

その場でやって見せてくれたのが、指握りでした。指握りはとても簡単な健康法です。なにしろ、手の中指、薬指、小指のいずれかをただ握るだけなのです。そのとき実際に私の薬指を握り、たぶん3~4分の問、じっとそのままにしていました。やっていただいた指握りは、たったそれだけ。

指握りが終わった後、肩を回してみました。すると、いつの問にか一屑がスムーズに動くようにななってていました。
わずか3~4分指を握っただけだったのに、私の肩は、びつくりするくらい楽になつていたのです!感心している私に、「指握りの講習会があるから、参加してみませんか? 」と声をかけてくれました。

それで、早速参加してみることにしたのです。講習会で、指握りについていろいろと勉強しながら、自分自身でも指握りをするようになりました。

私の場合、自宅では、入浴時に指握りをするようにしています。ぬるめのふろにつかりながら、薬指をメインに、甲側からも、手のひら側からもよく握るようにします。また、車を運転中、渋滞の信号待ちの間などにも、指握りをすることがあります。
こうして指握りを続けているうちに、肩の状態も落ち着き、痛みもなく、楽に肩を動かせる状態が続くようになりました。

また、私は仕事の関係で、長年、ひどい腰痛に悩まされてきました。私の腰痛は、いわば職業病のようなもので、完全に慢性化していました。疲れがたまったり、なにかのきっかけで状態が悪くなったり、すると、腰がどんどん重くなってきます。病院にかかっても痛み止めをくれるだけですから、全く当てになりません。そんなときは、コルセットをして、状態の悪い一時期を耐え忍び、やり過ごすしかなかったのです。それが、指握りを始めてからは、腰の状態はすっかり安定し、痛みも出にくくなり、大変楽になりました。

なにしろここしばらく、コルセットを全く使っていないのです。これこそ腰の状態がよい証拠といえるでしょ、う。さらに、私は、高校時代に柔道で大ケガをした後遺症で、首の痛みにも悩まされ続けてきました。

この首痛にも、指握りは効果を発揮しており、ずいぶんと首の状態もよくなっています。それに指握りのおかげで、体調全般もアップしました。

私は、以前から、血圧がやや高めで、最大血圧が140~150mmHG程度ありましたが、指握りを始めてからは、正常値の120mmHGFまで下がっています。指握りを始めたことがきっかけとなって、私は、食生活にも、ある程度気を遣うようになりました。

こうした食生活の変化も、血圧によい影響を及ぼしたのは確かでしょうが、指握りをしていなければ、ここまでよくなることは決してなかったように思うのです。

き私の体験からいえば、気(東洋医学で考える一種の生命エネルギー) というものは、健康に配慮せず漫然と過ごしていると、どんどんよどんできてしまうものなのではないでしょうか。

指握りは、まさに、こうしたよどんだ気を動かす健康法です。それによって、さまざまな効果をもたらしてくれるようです。
私の場合、五十肩や腰痛などが楽になったただけではなく、心身ともに活力が出てきました。体が元気になっただけではなく、何事にも前向きに、ポジティブに臨めるよ、つになつたのです。