原因不明の視界のゆがみ、飛蚊症が治り階段でのつまずきもなくなった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

視界のゆがみで検査を受けるも原因不明で車の運転ができるか不安だった

私は、現在65歳ですが、15年前から自宅近くの総合病院で院内の清掃の仕事を行っています。視力は左右とも0.8~0.9を維持し、運転免許の更新にも困ることはありませんでした。

ところが、3年前の冬、視界の異変を感じました。外を歩いていたとき、電線がゆがんで見えたんです。電線がたるんでいるというようなものではなく、中央がグニャっと極端にカーブしたような感じでした。変だなと思って帰宅後に家の窓に目を向けると、桟までゆがんで見えたので、ぞっとしました。

これは、明らかにおかしいと眼科医を受診しました。ところが、検査では「異常なし」と診断され「そんなはずはない!」と医師に訴えました。「さすがに視力は低下しているだろうと思ったのですが、左右ともに0.8のままでした。

色覚検査でも異常はありません。結局、何が原因なのかも分からず、数ヶ月おきに通院して定期的に検査をすることになりました。しかし、その後も視界のゆがみがいっこうに治りません。しだいに日常生活にも支障をきたすようになってきました。

清掃作業で階段を昇り降りしているときに何度もつまずいて転倒しそうになりました。疲れているときなど、目の中に黒いゴミのようなものが浮かんで見える飛蚊症にも悩まされるようになりました。

私が特に心配だったのが、車の運転です。眼の異常を確かに感じているのに、眼科ではなんの対応もしてもらえず、不安は募るばかりでした。

年が明けても変化はなく、この先、日常生活がどんどん不便になっていくのではないかと焦りさえ感じていました。そんなとき、新聞広告で眼病の特集が組まれている雑誌を見つけてすぐに購入しました。

糖尿病の予防もかねて1日3粒飲んでみる

眼病特集で紹介されていたサトウキビエキスについてはこれを飲んでみたい!と思う感想がいくつか紹介されていました。

サトウキビエキスは、眼科医が開発した健康食品です。体内の余分な糖質と脂質を排出し、高血糖を改善する効果が期待されています。

父が糖尿病だったので、自分もいつか同じ病気になるかもしれないと危機感を感じていました。

実際にサトウキビエキスを飲んで視界のゆがみが治まった人もいると知り、糖尿病の予防も兼ねて飲んでみることにしました。初めのうちは思いついたときにまとめて3粒飲んでいました。飲みはじめた当初は、特に変化を感じることはありませんでした。

眼科で治療を受けているわけではなかったので、私にできることは食事の見直しぐらいでした。サトウキビエキスを毎日きちんと飲むことだけが、具体的な対処法でした。

その後、朝・昼・晩の食後に1粒ずつサトウキビエキスを飲むように変えました。すると3ヶ月を過ぎた頃から、確かな手ごたえをになりました。

いつの間にか、視界のゆがみが治まっていたのです。電線も窓の桟も、ゆがむことなくまっすぐに見える。そんなあたりまえのことが、どれほどありがたいことか、気づかされました。

おまけに飛蚊症も大幅に改善されて、階段の昇り降りでつまずくことも、まったくなくなりました。

いまも毎食後に1粒ずつ、サトウキビエキスを欠かさず飲みつづけています。一方で、眼科での半年おきの検査も、継続して受けています。検査の数値に変化はなく、現状を維持することができています。

最近では、サトウキビエキスだけに頼るのではなく、食生活も見直しました。偏食だったわけではありませんが、特に野菜やキノコ類を積極的に食べるようにしています。

食生活の改善とサトウキビエキスの相乗効果で、目の病気や糖尿病を防いでいきたいと考えています。

私の視界のゆがみや飛蚊症が改善したサトウキビエキスはこちら。