網膜弱体化の原因を排除するサトウキビエキスのイヌリンの作用

サトウキビのイヌリンは糖・脂質の吸収を緩やかにして体の余分な脂肪を排出

黄斑変性や糖尿病網膜症は、生活習慣の乱れから起こる動脈硬化 が原因にあります。そこで、血山牧中の糖質や脂質を減らす働きがある植物について研究を重ね、注目したのがサトウキビでした。サトウキビは、砂糖の原料です。

私たちの体のエネルギー源となる糖質を主成分とする一方で、イメリンという水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。水溶性の食物繊維であるイメリンには、糖質や脂質の吸収を妨げり、血糖値やコレステロール値などの上抑える働きがあります。

イヌイリンは、サトウキビ以外にもクイモ・チコリ(葉物野菜の一種)の根・ニンニク・ニラ・タマネギ・ゴボウなどに、多く含まれています。しかし、イメリンが多いからといってサトウキビやキクイモなどをいくら食べても、イヌリンは体内にはほとんど取り込まれません。そこで、試行錯誤の末、サトウキビから採取したショ糖に、日本酒の醸造に使われる酵母やコメ由来の乳酸菌を加・えたところ、体内に取り込まれやすいイメりノンができることがわかりました。

こうしてできた「新型イメリン」は、純度90% 以上の安定した水溶性の食物繊維です。胃や腸内をゆっくりと移動するため、糖質の吸収が緩やかになり、血糖値を急激に上昇させることはなく、インスリンの作用にも影響を与えません。また、腸内では水分を吸収して膨らみ、ゲル状(ゼリー状) に変化します。そのため、腸内に入ってきた余分な糖質や脂質をからめ取って、体の外へ排出します。さらに、ぜんどう腸壁を刺激して嬬動運動を活発にし、排便を促す働きもあります。私は、優れた働きを持つサトウキビエキスを、糖尿病や脂質異常症で黄斑変性を合併している方に必要です。

サトウキビエキスを飲む前は、黄色やオレンジ色の部分が確認でき、黄斑部がむくんでいました。この黄色やオレンジ色の部分が、貴かたまり黄斑部にたまった変性脂質の塊。変性脂質が多いと、視力低下の庶困になります。次に、サトウキビエキスを飲んでから3ヶ月後には、黄色やオレンジ色の部分、つまり変性脂質が減少しました。

サトウキビエキスを飲んだことで黄斑部に蓄積されていた変性脂質が排出され、むくみが解消されたのです。ご本人も視界のゆがみやぼやけが軽快したとのことでした。機器による調査に加えて自覚症状からも、黄斑変性の進行が治まったことが確認されました。

サトウキビに含まれる水溶性食物繊維の「イヌリン」を高純度に抽出した画期的な粒食品「サトウキビエキス粒(サルパス)30日分」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サトウキビエキス粒(サルパス)30日分
価格:10584円(税込、送料無料) (2017/9/19時点)


本品に用いられているイヌリンは、日本で確立された技術により、サトウキビの食物繊維に酵素反応させることでできたものです。そのため天然素材でありながら、キクイモやチコリの根などのイヌリンに比べて高純度で安定しています。

サトウキビエキスで動脈硬化が改善して正常眼圧緑内障の眼圧も大幅に低下

黄斑変性は、網膜の黄斑部に老化現象が起こり、視機能(視力や視野) が低下してくる病気です。網膜の中心が傷むため、視界の中心部が暗くなって見えにくくなります。また、ものがゆがんだり、平面がへこんで見えたりすることもあります。黄斑部の老化の要因は、動脈硬化にあります。

さらに、動脈硬化によって血流不足になると、眼圧が上昇して緑内障が起こ る危険性も高まります。動脈硬化が緑内障の発症原因の1つです。40~70代の緑内障の方々に、サトウキビエキスを試してもらう試験を行いました。眼圧の基準値は10~21ミリ水銀柱ですが、これらの方々には眼圧が基準値域内でも起こる緑内障(正常眼圧緑内障) の方も含まれています。

試験前の眼圧の平均は、右目が18.86ミリ水銀柱、左目が17.0ミリ水銀柱でした。ところが、3週間後には、右目が14.29ミリ水銀柱、左目が14.43ミリ水銀柱にまで改善していたのです。

なかには、23ミリ水銀柱から14ミリ水銀柱と、眼圧が大幅に低下した方もいました動脈硬化が改善することで目に必要な酸素や栄養が行き渡るようになった結果、眼圧が低下したのでしょう。サトウキビエキスには、緑内障の進行を抑える働きも十分期待できると確認できました。

サトウキビエキスは高血糖・脂質異常を改善し糖尿病網膜症・黄斑変性の視力も改善

生活習慣病の中でも、さまざまな合併症を引き起こすことで知られているのが糖尿病です。最近では、糖尿病の方がアルツハイマー病になる危険性が通常の人と比べて2倍も高いことから、アルツハイマー病は「脳の糖尿病″」ともいわれています。

さらに、アルツハイマー病の原因物質である異常たんぱく質が目の網膜にも蓄積することが判明し、緑内障や黄斑変性、網膜症などの網膜疾患の危険困子の1つではないかと指摘されています。糖尿病は、血液に含まれるブドウ糖の濃度(血糖値) が過剰になる病気です。糖尿病の影響で全身の血管が徐々に傷むようになります。特に、神経・目の網膜・腎臓など、毛細血管が多く張りめぐらされた器官ほど大な影響を受けます。その結果として起こる糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症は、「糖尿病の3大合併症」と呼ばれています。

いずれの合併症も生命を脅かす危険のある病気ですが、とりわけ糖尿病網膜症は失明のおそれがあることから非常にリスクの高い合併症です。糖尿病網膜症は、はうっておけば失明に直結する恐ろしい病気です。しかし、発症したとたんに失明するわけではありません。糖尿病網膜症の進行は、網膜の状態や症状によって、初期・中期・末期の3段階に分けられます。

初期は「単純網膜症」といって、網膜にある細い血管の壁が盛り上がって膨らんだり、少量の眼底出血が起こつたりします。自覚症状はほとんどありませんが、この段階で血糖値をきちんと管理し、基準値域内まで低下させれば、高い確率で改善が望めます。

中期は「前増殖網膜症」といいます。初期に比べて動脈硬化(血管の老化) が進み、網膜に酸素や栄養が行き渡りにくくなります。目のかすみや疲れを感じる時間が多くなる一方で自覚症状が全くない人もいます。この段階では、網膜凝固光術という治療を行うことで、改善する見込みがあります。

末期は「増殖網膜症」といいます。動脈硬化が進むと、血管の機能を補うため、本来の血管とは別の新生血管が作られて網しようしたい膜や硝子体まで伸びていきます。しかし、新生血管は非常にもろく、簡単に被れてしまいます。出血の量が多くなると、視力が急激に低下してしまいます。

末期の段階では、いくら血糖値をコントロールしても、進行を止めることはできません。視力を回復させるためには手術を選択するしかありませんが、それでも回復せず、失明にに至る方が多いのです。高血糖の状態が続いて起こる眼病は、糖尿病網膜症や黄斑変性だけではありません。

なかでも白内障は年を取るにしたがって発症しやすくなる病気で、すいしようたい「水晶体」というレンズの役割を果たす、本来は透明な組織が白くにごりだし、目がかすんだり、光が乱反射してまぶしく感じられたりするようになります。食生活やここまでくると、運動などの生活改善を試みても、血糖値のコントロールが難しく、有効な対策が得られないケースが多く見られます。

サトウキビエキスを飲んだら全員の血糖値・コレステロール値が低下した

糖尿病や脂質異常症で糖尿病網膜症や黄斑変性、白内障を合併している患者さん11人に、サトウキビエキスを3ヶ月にわたって飲んでもらいました。そ之結果、なんと11人全員がHbA1C、さらに総コレステロール値が大幅に改善しました。この11人の中には、糖尿病網膜症によって視カが低下し、1人では外出もままならなかった方がいました。ところが、家族を伴わずに1人で通院できるようになるまでに症状が改善した方もいらっしゃいました。

そのほかにも、「黄斑変性で黒っぼかった視界が明るくなってゆがみも治まり、失明の不安から解放された」「白内障のまぶしさが和らいで視力が向上し、日常生活の不便さがなくなった」など、多くの喜びの声をいただきました。サトウキビエキスを飲んで血糖値やコレステロール値が改善し、全身の血流がよくなった結果、糖尿病網膜症や黄斑変性の進行が改善されたためだと考えられます。