糖尿病から黄斑変性になったがサトウキビで高血糖が改善し視力も向上

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

老眼の進行かと思ったら左目が初期の黄斑変性と判明

3年前にご主人を亡くしてから、特別養護老人ホームで食すっかり体調がよくなり、積極的にボランティア活動ができるようになりました。特別養護老人ホームで食事事介助やレクリエーション活動のボランティアを行っています。

2人の娘が嫁いでからは、夫と二人だけの生活でした。いざ夫が亡くなってみると、あまりにも喪失感が大きく、ふさぎ込む日々が続きました。しばらくの間、自宅に引きこもりがちで元気がでませんでした。運動不足のせいか、体のだるさを感じるようにもなりました。

娘に相談したら、「私がいっしょに行ってあげるから病院に行こう」といわれました。初めは気が進まなかったのですが、娘がどうしてもと譲らないので、しぶしぶ病院に行くことになりました。娘つき添いで総合病院の内科を受診し、血液検査で空腹時血糖値が150ミリ、過去1~2ヶ月の平均血糖値を示すヘモグロビンA1Cが6.5と判明。

糖尿病と診断されました。夫が定年退職してからは、健康診断を受ける機会がありませんでした。私は身長が155センチで、体重は55キロです。決して肥満ではなく、食生活も問題ないと思っていたので、糖尿病になるなんて夢にも思いませんでした。引きこもってばかりはいられないと奮起しました。

その後、近所に住む友人からすすめられた老人ホームのボランティア活動に参加しはじめ、人とのかかわりを持つようになってから、主人を亡くした喪失感はしだいに薄れていったように思います。

「体のだるさは残っていましたが、ボランティアで忙しくしていたおかげで、主人との思い出に浸ってばかりもいられなくなりました。でも、1年くらい前から、ものがゆがんで見えたり、目が異常に疲れて痛みを伴ったりすることが頻繁に起こるようになりました。60歳を過ぎたころから老眼を自覚しはじめ、細かい字を見るときだけは老眼鏡を使うようになりました。

初めのうちは、老仙眠が進行しただけだと思っていました。めがねでも、眼鏡屋さんで新しい老眼鏡を作ろうとしたとき、店員さんから『年齢を考えると深刻な病気の危険性もある』と指摘され、専門的な検査を受けるようにすすめられました。眼鏡店の店員の言葉にしたがって5月に眼科を受診しました。

眼底検査の結果、左目が初期おの黄斑変性と判明。視力は、右目が0.8、左目は0.3まで低下しており、格子状の図を見る検査では中心あたりの直線がゆがんでいるだけでなく、全体的にかすんで見えました。まだ初期の段階とはいえ、黄斑変性には決定的な治療法がなく、点眼薬などによる対症療法を行っていくしかないという恐ろしい病気だと聞かされ、不安でたまりませんでした。

このときばかりは気分が滅入ってしまいました。心配した娘さんのご主人が黄斑変性に関する情報をインターネットなどで調べ、サトウキビエキスの存在を知りました。

3ヶ月で左目の視力が0.3から0.5に向上、黄斑部のむくみも軽快

早速、朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日計3粒飲みはじめました。すると1ヶ月ほどたったけんたいころから倦怠感が少しずつ解消され、体が軽くなっているように感じられました。

老人ホームでのボランティア活動は入所者の介護などでかなりの重労働でした。でも、サトウキビエキスを飲みはじめてからは、疲れが翌日に残りにくくなり、車イスの入所者と散歩に出かけるとこれまでになかった爽カl快感が得られるようになりました。

3ヶ月後内科の検査を受けたところ、空腹時血糖値が210ミリ、ヘモグロビンA1Cが5.9まで低下していることが判明。さらに、視界のゆがみがかなり治まったことを実感し、目の疲れや痛みも和らいできました。「眼科の定期検査では、左目の視力が0.5まで改善されていました。

「黄斑部のむくみもだいぶ軽くなっている」と言われました。血糖値はまだ基準値域内まで改善していませんが、最近は疲れを感じることもほとんどありません。これまで以上にボランティアの活動に積極的に取り組むことができ、心底喜びと生きがいを感じられるようになりました。血糖値を基準値域内まで下げることがいまの目標です。これからも、黄斑変性で失明しないように、サトウキビエキスを地道に飲みつづけていきます。