効能、効果と実際に使った使用感

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

主に近視や白内障、黄斑変性、網膜症などの症状が改善、軽減したなどの感想。サトウキビエキスは金分な糖質・脂質を排出する働きに優れ糎屈病網膜症の視力が回復する例もあります。

黄斑変性や糖尿病網膜症は、生活習慣の乱れから起こる動脈硬化 が原因にあります。そこで、血中の糖質や脂質を減らす働きがある植物について研究を重ね、注目したのがサトウキビでした。サトウキビは、砂糖の原料です。

私たちの体のエネルギー源となる糖質を主成分とする一方で、イメリンという水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。水溶性の食物繊維であるイメリンには、糖質や脂質の吸収を妨げり、血糖値やコレステロール値などの上抑える働きがあります。

イヌイリンは、サトウキビ以外にもキクイモ・チコリ(葉物野菜の一種)の根・ニンニク・ニラ・タマネギ・ゴボウなどに、多く含まれています。

しかし、イメリンが多いからといってサトウキビやキクイモなどをいくら食べても、イヌリンは体内にはほとんど取り込まれません。そこで、試行錯誤の末、サトウキビから採取したショ糖に、日本酒の醸造に使われる酵母やコメ由来の乳酸菌を加えたところ、体内に取り込まれやすいイヌリンができることがわかりました。

こうしてできた「新型イヌリン」は、純度90% 以上の安定した水溶性の食物繊維です。胃や腸内をゆっくりと移動するため、糖質の吸収が緩やかになり、血糖値を急激に上昇させることはなく、インスリンの作用にも影響を与えません。

実際にサトウキビエキスを飲んでみた生の声