大腸ガンを切除後、ハナビラタケ増強食を続けたら5年間再発なし

便潜血を痔だとばかり思って検査を受けたら500円玉大の大腸ガンが見つかった

もう6年前の大型連休のGW直前のことです。自宅でおならならをしたら、お尻にヌルッとしたものを感じました。あわててトイレに入って確かめると、血が出ていたんです。そのときは、持病の痔が悪化したのだと思いました。 翌日、肛門科のあるかかりつけの病院を訪れて受診。

やはり痔と診断されたものの、念のために大腸の内視鏡検査を受けることにしました。毎年、人間ドックに入っていましたが、大腸の検査はいままで受けていなかったからです。ところが、内視鏡検査を受けたところ、大腸ガンが2つ見つかったのです。1つは500円玉大( 約2.5センチ)、もう1つは100円玉大(約2センチ)といわれ、頭が真っ白になりました。その後、手術のために40日問入院となりました。

大腸を20センチ切除するする手術を受け、ガンをすべて取り除きました。ガン細胞が周し辺に浸潤(周囲の組織に広がる)していなかったことが幸いし、退院後は抗ガン剤治療の必要もなく現在に至っています。ガンの発覚から入院して手術を受けるまで、一番辛かったのは、周囲の人から「ガンはいまでは治る病気だから大丈夫」と慰められるこことでした。

自分だけ地獄に落とされたようで、励ましを素直に受け取ることができなかったんです。いま振り返ると、正常な精神状態ではありませんでした。体が病むと心も病むといいますが、本当にその通りだとあとでわかりました。

ハナビラタケ増強食で免疫力の高まりを感じカゼを引いても軽度

大腸ガンは病巣をきちんと切除することで、完治が期待できるガンといわれています。再発の8割以上は術後3年以内に発見されており、手術後、5年以上再発しないことが完治の目安とされています。40日間の入院中、ガンの再発を防ぐ方法を真剣に考えました。

その結果、免疫力を高めることが最善の方法という結論に至りました。退院後、真っ先に始めたことは、抗ガン作用のあるハナビラタケの健康食品( ハナビラタケ増強食)を毎日とることでした。「ハナビラタケのことは、数年前に雑誌を読んで知っていました。

ハナビラタケに含まれるβ(1-3)グルカンの強力な抗ガン作用によって免疫細胞を強化し、ガンの再発を防ぐ効果があるとのことです。ずっと気になっていたので、ハナビラタケ増強食の粒タイプを朝・晩の食後に2粒ずつ、1日計4粒飲みはじめました。1年後には、飲みやすい液状タイプに替えて、毎朝の起床後に1本を飲むようにしました。

朝に液状タイプを飲むと、ハナビラタケの有効成分が全身の細胞にしみ込むような気がして、やる気がわいてくるのです。こうして、ガンの経過観察期間とされる5年が過ぎました。今のところ、大腸ガンの再発はなく、現在は週に3日、スポーツジムに通うなど、元気な毎日を送っています。

ハナビラタケ増強食を飲みつづけて、ほんとうによかったと思います。手術後の5年間は、、軽いカゼしか病気になっておらず、免疫匂力が強くなったことを実感する毎日です。

大腸ガン切除後、で5年再発を抑えているハナビラタケ増強食「ハナビラタケ BIO MH-3」はこちら。