ゴーヤ化粧水で乾燥した肌がうるおい頑固なアトピーも改善

食べきれないほどのゴーヤ

夫は、長年にわたってアトピー性皮膚炎に悩んでいました。といっても、子供のころからではなく、成人して結婚した後に発症しました。

アトピー性皮膚炎は、常に同じ状態ではなく、よくなったり悪くなったりをくり返すようです。ひどいときにはただれて、皮膚が乾燥し、かゆくてたまらなくなるそうです。特に、夏場に汗をかくと、どんどん症状が悪化していくようでした。

そういう状態になると、我慢できずに皮膚科に行き、ステロイド剤をもらってつけていました。しかし、一時的によくなっても、薬を塗らないと、すぐ症状がぶり返してしまいます。そんな夫を見ていて、アトピー性皮膚炎を改善できる方法はないものかと、私は常々気にしていたのです。

そんな時、健康関連の雑誌にゴーヤの特集が掲載されていました。ゴーヤが体に大変いいという情報は、私にとって朗報でした。というのは、家庭菜園でゴーヤを無農薬栽培していたからです。

家庭菜園では、キュウリ、ナス、トマトなど、いろいろな野菜を作っています。ゴーヤも栽培しやすいと聞いて作り始めたのですが、ほんとうによくできて、予想をはるかに超えるほど取れるのです。

そのゴーヤは、ゴーヤチャンプルー、マヨネーズと和えたサラダ、きんぴらなど、いろいろと料理に利用しています。ゴーヤが体にいいと知ってからは、ますます食卓にゴーヤ料理が並ぶ頻度がふえていきました。

しかし、料理に使うだけでは、とても使い切れないほどの量です。

そんなとき健康雑誌で紹介されていた「ゴーヤ化粧水」のことを思い出したのです。肌をつるつるにする効果に優れているとのこと。自然のものなので、肌への刺激も少なそうだったので、夫がこれを使ったら、アトピーのかさついた肌が潤うと思いました。

ワイシャツを着る苦痛から解放

早速、雑誌を参考にしながら、自家栽培のゴーヤを使ってゴーヤ化粧水を作ってみました。まず、ゴーヤを水洗いして水気をふき取ったら、縦半分に切ります。次に、ワタと種をきれいに取り、10センチくらいの幅にザクザクと切り、ホワイトリカーに3日程度つけておけば出来上がりです。

小さめのゴーヤ一本を、100ミリリットルくらいのホワイトリカーにつけるようにしています。そして、出来上がったものを少しずつ小出しにして、浄水器の水で2倍に希釈し、スプレー容器に入れておきます。

こうして作ったゴーヤ化粧水を、夫は毎日おふろ上がりにつけていました。夫の場合は、顔から首にかけてアトピーの症状が出ているので、その部分を中心にスプレーしたのです。ちょうど夏場で、ゴーヤ化粧水は冷蔵庫で冷やしておいたので、「スプレーするとひんやりして、とても気持ちがいい」といっていました。

このように毎日ゴーヤ化粧水をつけていたところ、カサカサだった夫の肌が、しっとりと潤うようになり、スベスベとしてきました。それとともに、かゆみもしだいに軽減していったそうです。

毎年夏になるとアトピーがひどくなり、夫は、ワイシャツの襟の部分が患部に当たってつらい思いをしていました。クールビズになって、襟なしのT シャツで出勤できたらどんなにいいだろうなどと、いつもぼやいていたものです。

それが、ゴーヤ化粧水をつけ始めてからは、ワイシャツを着る苦痛からもだいぶ解放されたようです。ゴーヤ化粧水のことを知ることができて、ほんとうによかったと思っています。

コラーゲンの生成を促しアトピー改善に役立つ

ゴーヤには、ビタミンu やビタミンEが豊富です。これらの成分の働きで、肌の新陳代謝が高まり、コラーゲンの(繊維状のたんばく質) の生成が促されます。こういったゴーヤ化粧水の働きで、ご主人のアトピーに有効に働いたのでしょう。

また、ゴーヤの種には、オリーブ油によく似た保湿成分が含まれています。今度作るときは、種もいっしょに漬けてみるといいでしょう。

アトピーのスキンケアには美肌製油ジェルがおすすめです。1997年にボディーソープ、整皮ジェル、保湿クリームの3点セットになった商で15年以上経過する商品で信頼のおけるロングセラー品です。