ゴーヤジュースで糖尿病がよくなり血糖値が正常になり新聞も読めるように

視力が次第に低下しついに新聞も読めなくなった

糖尿病と診断されたのは15年前で、当時、ゴルフ場のレストランで、調理補助の仕事をしていました。ある夏のことですが、仕事が終わると、毎日ゴルフ場で生ビールを飲んで帰っていました。

ふだんは、下戸ということもあり、お祝い事や歓送迎会などの特別なとき以外お酒を飲まないのですが、従業員の場合、1杯100円で飲めると聞き、ついつい暑さでのどが渇いているのをいいことに、生ビールを飲み干したのです。

すると、すぐに体がだるくなりました。なんだか体の異変が起きている気はしました。そして、常にのどが渇くようにもなりました。「おかしいな」と思ったので病院を受診しました。

まさか自分が糖尿病になるなんて、夢にも思っていなかったので、そのときはかなりショックを受けました。そして、医師が処方してくれた薬を、朝・昼・晩と毎日3回飲むようになったのです。

その薬は、1年以上続けて飲みました。ところが、体に合わなかったのか、ひどい下痢をするようになってしまったのです。そのため、いつからか薬を飲まなくなりました。

そして、糖尿病をほったらかしにしたまま、3年くらいが経過しました。。すると、今度は、視力がどんどん落ちてきてしまいました。以前は、裸眼で楽々新聞が読めたのに、全く読めなくいます。おかげで、血糖値は160mm/dlくらいまで下がりましたが、なかなか正常値までは下がらないでいたのです。

今年の夏はバテることもなく体調も良好

そんな私が、ゴーヤが糖尿病にいいということを知ったのは健康関連の雑誌を読んだからです。なんでも、ゴーヤに含まれている成分が、インスリン同様の働きをするとのこと。ちょうど夏だったこともあり、ゴーヤが手に入りやすかったので、一昨年からゴーヤを積極的に食べるようにしてみました。

ゴーヤの食べ方ですが、みそ汁の異として入れたり、ワカメといっしょに酢の物にしたりしました。また、毎日欠かさなかったのが、ゴーヤジュースを飲むことです。ゴーヤをミキサーにかけたら、栄養ドリンクと混ぜ、少しシナモンを入れて飲むようにしていたのです。

このように料理に使ったり、ジュースにしたりして、1日に最低1本のゴーヤを常食しました。最初は苦いと思っていたゴーヤですが、ずっと食べ続けているうちに、さっぱりとしておいしいと感じるようになったのです。

その効果は、食べ始めてから1ヶ月後に行った検査の結果で明らかになりました。血糖値が110mm/dlまで下がっており、ヘモグロビンA1Cも6.9%になっていたのです。

その後もゴーヤを積極的に食べ続けていたところ、糖尿病の検査値が上がることなく、ずっと安定しています。そして、視力も回復してきて、新聞が読めるようになり、体調もとてもよくなりました。

夏パテしたり、冬にカゼをひいたりすることが、いっさいなくなったのです。

ゴーヤは生で調理して食べるのが最適ですが、最近は便利な無添加のパウダー(粉末)があるので保存も効いて便利です。