ゴーヤでヘモグロビンA1Cが下がり骨密度も改善

ヨーグルトと一緒に食べるとおいしい

私は、出産の際に、妊娠糖尿病と診断されましたが、出産後、数週間ほどで治りました。当時は、出産のことで頭がいっぱいで妊娠糖尿病といわれてもピントきませんdねした。

そのときの血糖値は、それほど高くはなかったのです。しかし、40歳を過ぎたころからまた本格的に数値が上がってきてしまいました。

そのため、薬で数値が上がるのをおさえようとしたのですが、それだけではなかなか正常値に戻ってはくれませんでした。

そんな私が、「ゴーヤが糖尿病にいい」と知ったのは、2年ほど前に健康雑誌の特集記事を読んだからです。

もともと、私はゴーヤが好きで、たまにゴーヤチャンプルーなどを自分で作って食べていました。そのゴーヤに血糖値を下げる効果があると聞けば、もっと積極的に食べてみようという気持ちがわき上がってくるのも当然です。

そこで、季節的にゴーヤが市場に出回つてきた4月の終わりくらいから、毎日常食するようにしたのです。

私はゴーヤを、いろいろな方法で摂取していました。よく飲んでいたのが、ゴーヤ入りジュースです。私は毎年夏になると、フルーツジュースを作って飲んでいたのですが、バナナ、リンゴ、ニンジンなどの材料に、必ずゴーヤを加えてミキサーにかけ、飲むようにしたのです。

また、料理にもたくさんにゴーヤを利用しました。お好み焼きやスパゲッティのソース、ピザの異など、なんにでもゴーヤを入れるようにしたのです。

最初に作るときは、ほんの少しだけ、試しにゴーヤを加え、昧が合うことがわかったら、次に作るときから、大量に加えるようにしました。これはやってみてわかったのですが、意外なほどゴーヤはどんな料理にも合うものです。

また、私自身、これは大発見だと思ったのが、ヨーグルトに入れて食べる方法です。

ヨーグルト100mgに、みじん切りにしたり、薄くスライスしたりしたゴーヤを混ぜ入れて食べます。すると、ヨーグルトがゴーヤの苦みをおさえてくれて、とてもおいしく食べられるのです。このゴーヤヨーグルトは、とてもおいしくて朝食の定番メニューになりました。

骨折の不安がいつもあった

このようにいろいろ食べ方を工夫すると、毎日ゴーヤを食べていても飽きるということがありません。普通サイズのゴーヤなら、4四分の1本ほど、大きなゴーヤなら6分の1本ほどの量を、毎日欠かさず摂取しました。

そのほか、私はゴーヤの種も利用していました。ゴーヤの種は、天日干しにして乾燥させると、簡単につぶせて粉末状にできます。それをお茶やコーヒーに混ぜて、飲むようにしていたのです。

こうしてゴーヤをとり続けていたところ、3ヶ月後くらいに、血糖値がかなり下がっていることがわかりました。最も高いときで158mm/dlほどあった血糖値が120mm/dlくらいまで改善したのです。

また、ゴーヤを始める前は、ヘモグロビンA1C は、7.8% もありましたが、その数値も7.2~7.4% くらいまで下がり、安定するようになったのです。

ところで、血糖値以外にも、うれしい変化がありました。それは、骨密度が上がったことです。

私は以前、骨密度が低くて、医師からカルシウム剤を飲まないと骨粗鬆症(骨がもろくなる病気) になるといわれていました。

ところが、ゴーヤを毎日食べていたら、数値は覚えていないのですが、びっくりするほど骨密度がふえており、大改善していたのです。

骨密度の低い状態が続けば、すぐに骨折してしまうという不安がいっぱいでしたが、今ではそんな心配も全くなくなりました。

このように、ゴーヤを常食していたら、血糖値や骨密度が改善し、うれしい限りです。ほかに、特別なことは何もやっていません。ですから、これはゴーヤのおかげとしか考えられません。

今後も、ゴーヤはずっと食べ続けていくつもりです。ただし、ゴーヤは冬場には市場に出回りません。ですから、夏の間に大量に買って、スライスして冷凍しておくなど、季節が過ぎても食べられるように工夫をしていきたいと思っています。

ゴーヤはカルシウムも豊富

これだけいろいろな料理にゴーヤを利用しているとゴーヤの恩恵を受けやすいと思います。お好み焼きやスパゲッティ、ピザの具、∃-グルトなど、なんにでもゴーヤを入れて試し、実際の料理に生かしているということです。

自分で工夫するのは、とてもいいことですね。また、夏の間にゴーヤを買って、冷凍したものを冬の間食べるというのは、優れたアイデアといえます。脱帽です。ゴーヤには、血糖値を下げるインスリンに似た働きをする苦み成分が豊富ですから、糖尿病の改善に効果を現したのは、当然ともいえるでしょう。

また、ゴーヤにはカルシウムも豊富ですから、カルシウム剤を飲んだのと同様な効果が現れ、骨密度が改善したのでしょう。

ゴーヤは生で調理して食べるのが最適ですが、最近は便利な無添加のパウダー(粉末)があるので保存も効いて便利です。