サルバチア(チアシード)ダイエット効果 栄養豊富&低カロリーのスーパーフード

チアシードは現代病に悩む人にぴったりの補助食品でストレスのないダイエットに最適

サルバチア(チアシード)はの原産は南米でチア(シソ科サルビア属)という植物の種子のことです。スーパーフードとも呼ばれています。少し前までは自然食品店でよく目にしましたが、最近はスーパーでも目にするようになりました。

南米では古代アステカ民族の時代から食されていて、「水とチアシード」さえあれば24時間走る続けることができる!とも言われていました。最近は、日本でもブームになり、一次ブームは去りましたが、また、チアシードダイエットに取り組む人が増えています。

少し前のダイエット方法といえば、とにかく我慢して食べない、運動をしなければいけない、と窮屈なダイエット方法でしか痩せるという目的を果たせずにいたので、多くの人が我慢を強いられてダイエットに励みました。

しかし、その我慢、我慢、我慢を重ねてのダイエット方法は結果、痩せることができても必ずリバウンドが訪れます。そして、そのリバウンドは、ダイエットを開始したときよりさらに体重が増えてしまうという結果を招きます。反動でストレスを解消するために食べてしまうからです。脳は、強いストレスの後には、そのストレスを解消するためにかなりの強い衝動で行動を起こします。これがリバウンドとなってしまうのです。

最近は、こういったダイエット方法は、陰をひそめ、プロボクサーのようなプロのアスリート以外は行わなくなりました。ではどういったダイエット方法ならストレスを抱えずに最後までスレンダーな体を手に入れることが出来るのでしょうか?

良質な油と食物繊維が大事なポイント

サルバチア(チアシード)に含まれているオメガ3系脂肪酸(n3系オイル)や食物繊維は普段の生活でどうしても不足しがちな栄養素です。生活習慣病の発症予防の観点から考えると、成人では、食物繊維を1日24g以上、できれば1,000kcalあたり14g摂取するのが理想とされています。 しかし、平成27年国民栄養健康調査によると、実際の摂取量は、20歳以上で1日に平均15.0g(75歳以上で一日に平均15.9g)しか摂取できていません。これは大変です。

モデルや海外セレブの間では、一時期のブームが去った今でも体調管理にサルバチア(チアシード)を続けている方が多く、日本人でも同様です。体にいい食材というのは、比較的高カロリーである場合が多いのですが、サルバチア(チアシード)は、低カロリーですから、安心して食べることができます。チアシードの大さじ1杯(10g)でおよそ50kcal。

主な栄養成分としては良質なオイルであるオメガ3系脂肪酸と食物繊維、それにビタミンやミネラルが豊富に含まれています。オメガ3系脂肪酸は、体内で生成されないため、食べ物から摂取する必要があります。その点、サルバチア(チアシード)はこれひとつで多くの栄養素が吸収できます。サルバチア(チアシード)の3大メリットは以下のとおりです。

  • 体では作れないオメガ3系脂肪酸が豊富
  • 食物繊維が豊富
  • オメガ3系脂肪酸はコレステロールを下げ、炎症を抑えたり、脳の発達も促進

健康や美容に効果のあるオイルといえば、魚油やアーモンドオイル、オリーブオイル、ココナッツオイルも同様に注目されていますが、オメガ3系脂肪酸の含有量が最も高いのはサルバチア(チアシード)。食物繊維も豊富ですからダイエット効果もプラスされます。

n3系オイルを含む食材
  • サルバチア(チアシード)17g
  • サンマ 3.95g
  • ぶり 3.35g
  • イワシ 3.16g
  • 大豆 1.79g
  • サバ 1.53g
  • アジ 0.81g
  • ゴマ 0.15g
  • アーモンド 0.01g
食生活の欧米化により良質なオイルが不足している

n3系オイルを含む食材を見ると、100gあたりですが、サルバチア(チアシード)が17gに対して多いとされるサバや大豆などは全て4g以下です。サルバチア(チアシード)の圧倒的な量に驚かされると思います。

n3系オイルは「必須脂肪酸」とも呼ばれ、体にとっては必要不可欠です。昔ながらの和食には多く含まれていましたが、現代の食生活では圧倒的に不足しています。原因はあちこちで耳にする「食の欧米化」です。肉や乳製品を摂る一方で、米や豆類を食べる機会が極端に減少しているということです。これにより昔には少なかった病気が増えてきています。

悪いオイルの摂りすぎは、悪玉コレステロールを上昇させ、血液がドロドロになります。心疾患の原因にもなりますので注意しなければいけません。

サルバチアダイエットの感想
http://saruba.blog.jp/