パックが乾くほどに化粧水を吸い込んでいる証拠

肌の老化は、やっぱり35才を過ぎたあたりから、しみじみと感じるようになっていました。目元、口元は乾燥してシワつぼいのに、頬や鼻はオイリーで、毛穴が開いてポッポッと日立つ。典型的な混合肌です。

お化粧でも素肌に元気がないことは隠せなくて、「疲れた顔しているね」と人からいわれることが多くなりました。
そんななか、「クッキングペーパー・パック」を知ったときは、目からうろこが落ちた思いでした。クッキングペーパーはやわらかくて肌にやさしい素材。お料理で使うので知っていましたが、吸水性にもすぐれていますよ。それを自分の顔にピッタリのサイズに切って、化粧水をしみ込ませてパックをするんです。

聞きかじりの美容情報で「化粧水はたっぶりつけたほうがよい」と思っていたので、「効きそう! 」と期待を持ちました。実際に試してみると、たった1回のパックで驚きの効果が。肌のたるみが消えて、おでこにクツキリとあった横ジワも目立たなくなっていたのです。

 乾燥でしなびていた肌に水分が補給されたおかげでしょうね。肌の色も白く明るくなつていて、保湿がいかに大事か痛感しました。

それ以来、ほぼ毎日クッキングペーパー・パックをしています。ベストな時間は夜。寝る前に20~30分パックをすると、翌朝は肌がバーンと張って、目の下のたるみやカサカサもなくなるんです。夕食のあと片づけなどでパックの時間がとれないときは、翌朝10分でもいいので必ず行うようにしています。

十分に保湿されると開いた毛穴がキュツと引き締まると効いたので、毛穴が気になる鼻は、クッキングペーパーの切れ端を使ってすっぽり覆うようにパック。あわせて、クレンジングはおり、肌に負担をかけないよう、食用のオリーブオイルを使用することにしました。
パックのあとはこちらの通りにやればばっちりです。