8%台のヘモグロビンA1Cが菊芋で6.5%に下がり、だるさや喉の渇きも改善

ストレスにならない程度の食事制限も同時に実行

私は、北海道で理容師として30年以上働いています。ちょうど、5年前にヘモグロビンA1C(1〜2ヶ月間の血糖値の推移を示す値。6.5% 以上で糖尿病と診断される。) の数倍が9% を超え、糖尿病と診断されました。

「理容師として働いていると、食事は朝食をとったきり夜遅くまで何も食べられない日がほとんどです。仕事中にあめ玉をなめて空腹を紛らわす生活を40年以上も続けたのが、糖尿病になった原因かもしれません。

父親が糖尿病だったことも、影響しているのかもしれません。糖尿病と診断された私は、医師の指導による食事療法や運動療法を行っていました。

そのかいあってか、血糖値は徐々に下がり、1年後にはヘモグロビンA1C が6.5%にまで下がりました。

このとき、主治医から『もう大丈夫だね』といわれたことで気がゆるんでしまい、食事制限も中途半端になってしまいました。

すると、ヘモグロビンA1CはB% にまで上がってしまったのです。一度ゆるめてしまった食事制限を再び行うのは思った以上に精神的につらく、何かいい方法はないかと探していました。

ちょうどそのとき、雑誌の記事で菊芋のことを知ったのです。すぐに興味を持った私は、早速、菊芋の成分を抽出した食品を通信販売で取り寄せ、1日2回、朝食前と夕食前にとりだしました。それと併せて、食事制限も、ストレスのたまらない程度に行うようにしました。

山私の体調の変化は、菊芋の粉末をとりだした翌月に現れました。健診を受けた結果、ヘモグロビンA1Cが6.5% にまで下がっていたのです。

糖尿病の合併症が不安だったので、ホッとしました。現在は、甘い物や脂っこい物を食べすぎたときに、菊芋をとるようにしている程度ですが、私のヘモグロビンA1Cは、7%前後で推移しています。

さらに、私にとって、うれしいことがありました。一昨年の12月に、雪道で転んで右足を骨折してしまいました。糖尿病があると、血糖値を下げてからでないと手術はできないのですが、私の場合、先生の許可がすぐに出て手術を受けることができたのです。

1年後、骨折した場所に埋めた針金を取り出す手術も問題なくでき、3日問で退院。治りも早いとほめられました。

食事制限とともに菊芋をとるようになってからは、のどが渇いたり、疲れがとれなかったりといったこともなくなり、朝もスッキリ目覚められて体調も絶好調です。同じく糖尿病で悩む友人にも菊芋を紆介したところ、大変喜ばれました。

菊芋はこちら。