菊芋で14%まで上がったヘモグロビンA1Cが7.5%に下がった

玄米食や野菜中心の食習慣の変更も実行

私が血糖値の急上昇で入院したのは、2年前の8月のことでした。66歳でした。仕事が忙しくて頭の中は常にパンク状態でした。

「空腹時血糖値が790mg/dl(基準値は110mg/dl未満。126mg/dl以上で糖尿病)、ヘモグロビンA1C(1~2ヶ月間の血糖値の推移を示す値。6.5% 以上で糖尿病と診断される。)が15%にまで上がっていました。

入院中に蒋密検査をしても、血糖値が急上昇した原因はわかりませんでしたが、幸い合併症の発症もなく、2週間後には退院することができました。

退院後、は、菊芋の成分を抽出した粉末を食べるようにしました。理由は、便秘の解消でした。入院中から便秘に悩みだしたため、食物耗維の多い菊芋がいいかもしれないと思ったのです。

すると、私の場合は菊芋をとりだしてすぐに、便秘が解消しました。菊芋が糖尿病にいいという詰も以前から知っていたので、それからも続けて菊芋には7.5%にまで下がったのです。

血糖値が下がりましたが、糖尿病の治療は続けていました。医師から『糖尿病は絶対に治らない』といわれながら毎回の受診に4時問近くを費やし、インスリン注射と血糖降下薬の服用を毎日続けたのです。

そんな日々をくり返すことに疑問を感じ昨年の8月に、血糖降下薬の服用をやめてみました。するく安定したままだったため、そのまま薬を飲まなくなりました。

その代わり、菊芋をとる量を、今までの朝昼晩の3回に加え、寝る前にもとるようにしました。その結果、朝に300mg/dlあった血糖値が下がりだし、1週間後に140mg/dlになったのです。

朝の血糖値だけでなく、夜の食後に測る血糖値も、基準値近くまで下がっています」水上さんは、今年中にヘモグロビンA1Cを6.5%以下まで下げる目標を立てています。

そこで、菊芋をとるのに加え、食事に玄米食を採り入れたり、野菜を積極的に食べたりするなど自分なりに研究し、工夫しています。「医学だけに頼らず、栄養学を学んだり、自分で考えたりしながら、糖尿病を克服していきたいです。

https://memo-note.com/kikuimo/2016/09/post.html