リウマチのつらい痛み・腫れが1ヶ月で解消しで薬の副作用はなし

右手首がこわばり腫れ・痛みも出て受診したらリウマチと診断

閉経と同時期に慢性関節リウマチを発症しました。50歳になってリウマチを患うとは夢にも思いませんでした。右手のこわばりが取れないので整形外科に行ったら、すぐに専門医を紹介されました。

検査の結果、リウマチと診断されたのです。病名を告知され、ひどく落ち込んでしまいました。。昨年の冬から、手指に違和感があったのです。ときどき、右手の手首の関節がこわばるように感じていました。

ペンを待ったり、お皿を洗ったりするときに自由に動かず、おや、と思いました。パソコンのキーボードを打っていても、明らかに右手の動きが鈍いのです。でも、寒さで動きが鈍いのかしら、と思うだけで、大して気に留めませんでした。

春先になり温かくなっても、右手のこわばりは治ることがありませんでした。そればかりか、症状まの起きる頻度が増し、腫れや痛みを感じるようになったのです。

朝、目が覚めると、いつも右手がこわばっていました。これはリウマチ特有の症状だそうです。医師から、リウマチの説明を受けました。手の関節が変形した症例写真を見せられたときには、恐ろしくなりました。

私もいずれこうなるのかと思うと、やりきれませんでした。リウマチが短期間で治る例はごくまれで、ほとんどは進行性のもの。急激に症状が悪化し、手足の動きがマヒしてしまうケースもあります。

幸い、私の場合はゆっくりと進行するタイプだそうです。薬で進行を、さらに遅くすることもできると説明を受けました。処方された薬は、非ステロイド系の抗炎症薬と抗リウマチ薬でした。リウマチは人によって薬との相性があると聞いていましたから、大変不安でした。人体実験みたいにいろいろ薬をとっかえひっかえ飲まされるようなイメージがあったんです。親切でていねいな説明をしてくれる医師だったので、後にそうした誤解は解けましたが、最初のうちは相当に不安でした。

私は、不安を抱えながらも、医師の指示どおりに薬を使った治療を受けはじめました。加えて、薬に頼らない治療法も探しつづけました。リウマチの苦痛を和らげてくれるというスーパーゲルマンを教えてくれたのは、東京で商社に勤めている次女でした。。

娘の知り合いに健康食品にくわしい人がいて、私の話をしたら、スーパーゲルマンをすすめられたそうです。リウマチだけでなく、ガンで苦しむ人が改善した例も多くあると聞き、試す価値はあると思いました。

1ヶ月でリウマチ痛が和らぎ2年たったいまも症状は安定

通院と並行して、スーパーゲルマンを飲みはじめました。分量は、朝・昼・晩の食後に2粒ずつ、1日計6粒でした。毎日欠かさずに飲んでいたら、1ヶ月後には痛みが和らぎ、腫れも引いてきたのです。抗リウマチ薬の効果はもう少し先に現れると効いていたので、私はスーパーゲルマンのおかげだと思いました。

抗リウマチ薬は副作用が現れることがあると聞いていたのですが、いままで特に不快な症状が現れたことはありませんでした。リウマチを発症して2年が過ぎた現在も、通院しながらスーパーゲルマンを飲みつづけています。完治はしていないものの、症状はほぼ抑えられています。

スーパーゲルマンは骨量増強・抗炎症の作用が強力で骨粗鬆症を退け関節痛も「ゲルマニウムカプセル90」