休息専用ウェア(リカバリーウェア)で筋肉痛・疲労も解消

自律神経がスムーズに切り替わる

プロのスポーツ選手は、いつでもベストな状態に自分の体をコントロールしなければなりません。私もトレーニングを欠かしません。しかし、遠征試合の前の夜は、緊張感で体がこわばり、眠りが浅くなることが多くなってきました。

そんなときにインストラクターをしている友人が、誕生日に「休息専用ウェア(リカバリーウェア)」をプレゼントしてくれました。

このウェアは、血流をよくするナノ化プラチナという素材が織りこまれていて。その効果で、心身をリラックスさせる副交感神経の働きを高め、熟睡でき、疲労回復効果が高いのだそうです。確かに熟睡できれば、体の疲れはとれやすくなるだろうな?というのは素人にもわかります。

その夜、私は早速パジャマ代わりに着用したところ、心地よい深い睡眠を得られました。翌朝、驚くほどスッキリと目覚め「これはすごい!」と実感しました。

それからは、どんなにハードなウエイトトレーニングや練習をしても、一晩寝れば、筋肉痛や体の疲労が取れます。ですから、翌日のことを考えずに、安心して極限まで練習できます。これは精神的にも大いにメリッl卜になりました。

このウェアの即効性を知ってから、T シャツに加えタイツや靴下、手首バンドなど、さまざまなタイプをそろえています。タイツは、トレーニング後にはくだけで、鍛えた部位の疲労が取れていく実感まであるのが、驚きです。

現在私は、ゴルフ場で生徒たちに教え、年に2~3回は遠征試合があります。それぞれ1週間の緊張が続きますが、休息専用ウェア(リカバリーウェア)のおかげで夜にはすぐにリラックスでき、自律神経のスイッチがうまく切り替わります。すると、翌朝ベストコンディションで試合にいどめます。

休息専用ウエアは、今では私のなくてはならないベストパートナー。年齢的にシニアの伸問入りをしましたが、これからもゴルフを続けられる体をキープしていきたいと考えています。

副交感神経が優位になることで血流がよくなる

心身の緊張は、交感神経を優位にしてしまい、副交感神経の働きが低下して、自律神経のバランスをくずします。副交感神経の働きが高くなる夜に熟睡できると、副交感神経の働きが高まり、血流がよくなり、筋肉痛や冷えなどの不調が改善されます。