タグ「パクパク酵母 Q&A」が付けられているもの

パクパク酵母くん 他の健康食品と一緒に飲んでも大丈夫ですか? よくある Q&A に寄せられる質問です。

パクパク酵母くん 他の健康食品と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

Question
パクパク酵母くん は、他の健康食品と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
Answer
食品ですので複数お飲みになっても問題はございません。他の健康食品の配合成分に合わせて量を調節されても結構です。

パクパク酵母くん には次の 3 種類の酵母が配合されていて、食事で摂取した余分な 糖質 を文字通り カット する働きがあります。

  • パン酵母 小麦に含まれている糖を分解する力が強い
  • 酒粕酵母 お米に含まれている糖を分解する力が強い
  • ワイン酵母 果物に含まれている糖を分解する力が強い

もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。生きている酵母は糖を食べて、水と炭酸ガスに分解してくれます。

ところが、通常、酵母は胃酸で溶かされ腸まではなかなか届きにくいのです。 その点、 糖カット酵母 パクパク酵母くん は、抗酸化物質として知られる アントシアニン ( ムラサキイモ )、 リコピン ( トマト )、フラボノイド ( ルイボス )で補強されていて胃酸への抵抗性が高いため、負けずに生きたままで腸に到達します。体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 パクパク酵母くん の摂取は、 糖質制限食 と同様の効果を発揮します。

また、 パクパク酵母くん は 3 種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合しているのも特徴です。桑は、鎌倉時代にはすでにその効能が知られていたといいますが、近年の研究では、桑に、血糖値の上昇を抑制する効果をもつ成分 DNJ ( 1-デオキシノジリマイシン )が含まれていることが判明しています。

このように、 パクパク酵母くん には、糖を分解する強い力をもつ 酵母 と糖の吸収を抑える のエキスが含まれているため、血糖値のほかにも、血圧、コレステロール、肥満など、血液検査で気になるさまざまな数値の改善をサポートします。

また、原材料をよくご覧になり、苦手な原材料が含まれていないか、ご確認ください。特に敏感な方やアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

  • 内容量:31袋
  • お召しあがり方: 本品は食品ですので用量・用法の規定はありませんが、1日に1~3袋を目安に、水又はぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
  • ご利用上の注意: 開封後は出来るだけ早くお召し上がりください。 原材料の特製上、酵母臭・もろみ臭がありますが品質には問題ありません。 体質に合わない場合は使用を中止してください。 乳児の手の届かないところに保管してください。
  • 販売元:株式会社 毎日笑顔
  • 原材料名: 乾燥酵母(パン酵母)、桑濃縮エキス末、乾燥醸造酵母(清酒酵母、ワイン酵母)、桑葉末、ムラサキイモ末、ルイボスティエキス末、結晶セルロース、トマト色素(リコピン)【原料の一部に大豆含む】

摂取糖分の 7 割をカットするので、好きな物を食べていても酵母がしっかり働く

糖カット酵母 パクパク酵母くん は、腸内でどのような働きをするのでしょうか。3 種の酵母が糖質を分解する様子を、実験によって再現してみました。

体内の温度とほぼ同じである40度のお湯100cc に砂糖5g を溶かし入れ、そこへ糖質カット酵母 2g を投入。間もなく発酵が始まり、10分ほどで水面は泡で覆われます。

これは酵母が糖質をぐんぐん分解している証拠。砂糖の量は時間とともに減少し、4時間で全体の3分の1以上にあたる75% の糖質を分解することがわかりました。

つまり、100 g の白米を3食食べたとしても 糖カット酵母 パクパク酵母くん を摂取していれば、2食分を抜いたことと同様の効果があるといえるのです。 糖カット酵母 「 パクパク酵母くん 」で糖質を分解すれば、好きな物を我慢する必要もなし。おいしい食事に舌鼓をうちながらも、糖質制限が実現されるわけです。

ダイエット中に食べ過ぎてしまった際にも 糖カット酵母 パクパク酵母くん を上手に活用すれば安心です。上手に活用すれば...というのは、食べて直後に パクパク酵母くん を飲む、または、食前に パクパク酵母くん を飲むだけです。

糖カット酵母 パクパク酵母くん がほかの酵母と大きく異なる点は、パン酵母、酒粕酵母、ワイン酵母の3つの酵母が、生きたまま腸まで届くことがあげられます。多くの酵母は胃で消化されてしまいますが、3つの酵母を酸性の人工胃液に加えた実験で、その抜群の酢酸性が証明されました。

一般的に食べ物が胃の中に留まる時間は、消化のよい白米などで 1 ~ 2 時間、消化されにくいバターや肉類などで2~3時間とされています。 パクパク酵母くん の場合は、強い酸に2時間さらされた状態であっても酵母の数はほとんど減ることがありませんでした。3種の酵母は胃の中で食べ物が消化される間も生き伸びることができるため、腸内で糖質や脂質が吸収されるのを抑制してくれるのです。

さらに、桑由来成分を配合した 糖カット酵母 パクパク酵母くん には、食後血糖値の上昇に関係する α-グルコシダーゼ の動きを抑える働きがあります。α-グルコシダーゼ は、摂取したデンプンなどをブドウ糖に分解する酵素です。糖カット酵母 パクパク酵母くん は、この酵素の活性を抑制して糖質の吸収を阻害することで、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあります。

パクパクくん酵母によく寄せられる Q&A 7 項目 パクパクくん酵母 よくある Q&A

パクパク酵母くん いつ飲めばよいですか? 食前 OR 食後 よくある Q&Aに寄せられる質問です。

パクパク酵母くん いつ飲めばいいか

パクパク酵母くんはいつ飲むのがいいのでしょうか。食前、食後どちらがいいのでしょうか。

パクパク酵母くん は 食前 に飲む方が多いです。

Question
パクパク酵母くん は、いつ飲めばよいですか?
Answer

食品ですので特に決まりはございませんが、お客様からお話を伺うと食前にお飲みになっている方が多いようです。食前 に飲むのが糖質カットの働きがよいと感じる方が多いようです。

パクパク酵母くん を飲んだら 主食より前に 食物繊維 を食べましょう

糖質をおさえる食事はご飯などの主食よりも前に食物繊維などの野菜から食べてからご飯を食べるのがいいのですが、食物繊維を増やして血糖値を観察したところ、空腹時血糖が下がることが報告されています。食物繊維は野菜だけではありません。芋類は糖質が多いのでたべすぎないようにしましょう。

  • 穀類 玄米胚芽米麦めしとうもろこし
  • 豆類 煮豆(大豆、うずら豆、あずき) 納豆おから
  • 芋類 さつまいも里いもこんにゃく
  • 野菜 ごぼうふきセロリアスパラガス青菜類キャベツ白菜
  • 果物 柑橘類(みかん、グレープフルーツなど) バナナうり類
  • きのこ類 しいたけしめじえのき
  • 海藻類 わかめ寒天ところ天
などがあります。

食物繊維を多く含む食事を先に食べると、血糖値を下げる効果が期待され、次の食事を食べたときも同じように血糖値が下がるというセカンドミール効果があることもわかっています。 食物繊維の摂取目安量は 20g/ 日です。

ちなみに

食後の高血糖を抑えてくれる水溶性食物繊維が多いこと、手軽に食べられることがポイントです。

かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも等のイモ類は、食物繊維が豊富ですが、血糖値を上げる炭水化物も豊富です。もちろん食べてはいけないわけではありませんが、食べ過ぎには注意しましょう。

糖質を口にする前に野菜(ベジタブル)を先に(ファースト)食べる食習慣は病院でも推奨されています。 野菜 には食物繊維が含まれているため、先に食べると食後の血糖の上昇が緩や かになり、血糖値を急上昇させない効果があります。

「パクパク酵母くん」は、

3種類の 酵母 を配合し、食事 で摂取した 糖質 を文字通り カット する働きがあります。
もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。

ところが通常の 酵母 は胃酸で溶かされ、なかなか腸まで届きにくいのです。 しかし、「 糖カット酵母 」 は胃酸 への抵抗性が高いため、負けず に生きたままで腸に到達。

体が 吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 糖質制限食 と同様の効果を発揮するのです。

「 糖カット酵母 」 は三種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できます。食前に 「パクパク酵母くん」 を食べて食物繊維たっぷりの野菜をご飯の前に食べる食習慣を続ければ糖質カット効果はより高くなります。

など

パクパク酵母くん には次の 3 種類の酵母が配合されていて、食事で摂取した余分な 糖質 を文字通り カット する働きがあります。

  • パン酵母 小麦に含まれている糖を分解する力が強い
  • 酒粕酵母 お米に含まれている糖を分解する力が強い
  • ワイン酵母 果物に含まれている糖を分解する力が強い

もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。生きている酵母は糖を食べて、水と炭酸ガスに分解してくれます。

ところが、通常、酵母は胃酸で溶かされ腸まではなかなか届きにくいのです。 その点、 糖カット酵母 パクパク酵母くん は、抗酸化物質として知られる アントシアニン ( ムラサキイモ )、 リコピン ( トマト )、フラボノイド ( ルイボス )で補強されていて胃酸への抵抗性が高いため、負けずに生きたままで腸に到達します。体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 パクパク酵母くん の摂取は、 糖質制限食 と同様の効果を発揮します。

また、 パクパク酵母くん は 3 種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合しているのも特徴です。桑は、鎌倉時代にはすでにその効能が知られていたといいますが、近年の研究では、桑に、血糖値の上昇を抑制する効果をもつ成分 DNJ ( 1-デオキシノジリマイシン )が含まれていることが判明しています。

このように、 パクパク酵母くん には、糖を分解する強い力をもつ 酵母 と糖の吸収を抑える のエキスが含まれているため、血糖値のほかにも、血圧、コレステロール、肥満など、血液検査で気になるさまざまな数値の改善をサポートします。

また、原材料をよくご覧になり、苦手な原材料が含まれていないか、ご確認ください。特に敏感な方やアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

  • 内容量:31袋
  • お召しあがり方: 本品は食品ですので用量・用法の規定はありませんが、1日に1~3袋を目安に、水又はぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
  • ご利用上の注意: 開封後は出来るだけ早くお召し上がりください。 原材料の特製上、酵母臭・もろみ臭がありますが品質には問題ありません。 体質に合わない場合は使用を中止してください。 乳児の手の届かないところに保管してください。
  • 販売元:株式会社 毎日笑顔
  • 原材料名: 乾燥酵母(パン酵母)、桑濃縮エキス末、乾燥醸造酵母(清酒酵母、ワイン酵母)、桑葉末、ムラサキイモ末、ルイボスティエキス末、結晶セルロース、トマト色素(リコピン)【原料の一部に大豆含む】

摂取糖分の 7 割をカットするので、好きな物を食べていても酵母がしっかり働く

糖カット酵母 パクパク酵母くん は、腸内でどのような働きをするのでしょうか。3 種の酵母が糖質を分解する様子を、実験によって再現してみました。

体内の温度とほぼ同じである40度のお湯100cc に砂糖5g を溶かし入れ、そこへ糖質カット酵母 2g を投入。間もなく発酵が始まり、10分ほどで水面は泡で覆われます。

これは酵母が糖質をぐんぐん分解している証拠。砂糖の量は時間とともに減少し、4時間で全体の3分の1以上にあたる75% の糖質を分解することがわかりました。

つまり、100 g の白米を3食食べたとしても 糖カット酵母 パクパク酵母くん を摂取していれば、2食分を抜いたことと同様の効果があるといえるのです。 糖カット酵母 「 パクパク酵母くん 」で糖質を分解すれば、好きな物を我慢する必要もなし。おいしい食事に舌鼓をうちながらも、糖質制限が実現されるわけです。

ダイエット中に食べ過ぎてしまった際にも 糖カット酵母 パクパク酵母くん を上手に活用すれば安心です。上手に活用すれば...というのは、食べて直後に パクパク酵母くん を飲む、または、食前に パクパク酵母くん を飲むだけです。

糖カット酵母 パクパク酵母くん がほかの酵母と大きく異なる点は、パン酵母、酒粕酵母、ワイン酵母の3つの酵母が、生きたまま腸まで届くことがあげられます。多くの酵母は胃で消化されてしまいますが、3つの酵母を酸性の人工胃液に加えた実験で、その抜群の酢酸性が証明されました。

一般的に食べ物が胃の中に留まる時間は、消化のよい白米などで 1 ~ 2 時間、消化されにくいバターや肉類などで2~3時間とされています。 パクパク酵母くん の場合は、強い酸に2時間さらされた状態であっても酵母の数はほとんど減ることがありませんでした。3種の酵母は胃の中で食べ物が消化される間も生き伸びることができるため、腸内で糖質や脂質が吸収されるのを抑制してくれるのです。

さらに、桑由来成分を配合した 糖カット酵母 パクパク酵母くん には、食後血糖値の上昇に関係する α-グルコシダーゼ の動きを抑える働きがあります。α-グルコシダーゼ は、摂取したデンプンなどをブドウ糖に分解する酵素です。糖カット酵母 パクパク酵母くん は、この酵素の活性を抑制して糖質の吸収を阻害することで、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあります。

パクパクくん酵母によく寄せられる Q&A 7 項目 パクパクくん酵母 よくある Q&A

パクパク酵母くん 薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか よくある Q&A に寄せられる質問です。

パクパク酵母くん 薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか

パクパク酵母くん 薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか

Question
パクパク酵母くん は、薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
Answer

食品ですので特に問題はございませんが、ご心配の場合はかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。

パクパク酵母くん には次の 3 種類の酵母が配合されていて、食事で摂取した余分な 糖質 を文字通り カット する働きがあります。

  • パン酵母 小麦に含まれている糖を分解する力が強い
  • 酒粕酵母 お米に含まれている糖を分解する力が強い
  • ワイン酵母 果物に含まれている糖を分解する力が強い

もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。生きている酵母は糖を食べて、水と炭酸ガスに分解してくれます。

ところが、通常、酵母は胃酸で溶かされ腸まではなかなか届きにくいのです。 その点、 糖カット酵母 パクパク酵母くん は、抗酸化物質として知られる アントシアニン ( ムラサキイモ )、 リコピン ( トマト )、フラボノイド ( ルイボス )で補強されていて胃酸への抵抗性が高いため、負けずに生きたままで腸に到達します。体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 パクパク酵母くん の摂取は、 糖質制限食 と同様の効果を発揮します。

また、 パクパク酵母くん は 3 種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合しているのも特徴です。桑は、鎌倉時代にはすでにその効能が知られていたといいますが、近年の研究では、桑に、血糖値の上昇を抑制する効果をもつ成分 DNJ ( 1-デオキシノジリマイシン )が含まれていることが判明しています。

このように、 パクパク酵母くん には、糖を分解する強い力をもつ 酵母 と糖の吸収を抑える のエキスが含まれているため、血糖値のほかにも、血圧、コレステロール、肥満など、血液検査で気になるさまざまな数値の改善をサポートします。

また、原材料をよくご覧になり、苦手な原材料が含まれていないか、ご確認ください。特に敏感な方やアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

  • 内容量:31袋
  • お召しあがり方: 本品は食品ですので用量・用法の規定はありませんが、1日に1~3袋を目安に、水又はぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
  • ご利用上の注意: 開封後は出来るだけ早くお召し上がりください。 原材料の特製上、酵母臭・もろみ臭がありますが品質には問題ありません。 体質に合わない場合は使用を中止してください。 乳児の手の届かないところに保管してください。
  • 販売元:株式会社 毎日笑顔
  • 原材料名: 乾燥酵母(パン酵母)、桑濃縮エキス末、乾燥醸造酵母(清酒酵母、ワイン酵母)、桑葉末、ムラサキイモ末、ルイボスティエキス末、結晶セルロース、トマト色素(リコピン)【原料の一部に大豆含む】

摂取糖分の 7 割をカットするので、好きな物を食べていても酵母がしっかり働く

糖カット酵母 パクパク酵母くん は、腸内でどのような働きをするのでしょうか。3 種の酵母が糖質を分解する様子を、実験によって再現してみました。

体内の温度とほぼ同じである40度のお湯100cc に砂糖5g を溶かし入れ、そこへ糖質カット酵母 2g を投入。間もなく発酵が始まり、10分ほどで水面は泡で覆われます。

これは酵母が糖質をぐんぐん分解している証拠。砂糖の量は時間とともに減少し、4時間で全体の3分の1以上にあたる75% の糖質を分解することがわかりました。

つまり、100 g の白米を3食食べたとしても 糖カット酵母 パクパク酵母くん を摂取していれば、2食分を抜いたことと同様の効果があるといえるのです。 糖カット酵母 「 パクパク酵母くん 」で糖質を分解すれば、好きな物を我慢する必要もなし。おいしい食事に舌鼓をうちながらも、糖質制限が実現されるわけです。

ダイエット中に食べ過ぎてしまった際にも 糖カット酵母 パクパク酵母くん を上手に活用すれば安心です。上手に活用すれば...というのは、食べて直後に パクパク酵母くん を飲む、または、食前に パクパク酵母くん を飲むだけです。

糖カット酵母 パクパク酵母くん がほかの酵母と大きく異なる点は、パン酵母、酒粕酵母、ワイン酵母の3つの酵母が、生きたまま腸まで届くことがあげられます。多くの酵母は胃で消化されてしまいますが、3つの酵母を酸性の人工胃液に加えた実験で、その抜群の酢酸性が証明されました。

一般的に食べ物が胃の中に留まる時間は、消化のよい白米などで 1 ~ 2 時間、消化されにくいバターや肉類などで2~3時間とされています。 パクパク酵母くん の場合は、強い酸に2時間さらされた状態であっても酵母の数はほとんど減ることがありませんでした。3種の酵母は胃の中で食べ物が消化される間も生き伸びることができるため、腸内で糖質や脂質が吸収されるのを抑制してくれるのです。

さらに、桑由来成分を配合した 糖カット酵母 パクパク酵母くん には、食後血糖値の上昇に関係する α-グルコシダーゼ の動きを抑える働きがあります。α-グルコシダーゼ は、摂取したデンプンなどをブドウ糖に分解する酵素です。糖カット酵母 パクパク酵母くん は、この酵素の活性を抑制して糖質の吸収を阻害することで、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあります。

パクパクくん酵母によく寄せられる Q&A 7 項目 パクパクくん酵母 よくある Q&A

パクパク酵母くん 1 日にどれくらい飲めばよいですか? よくある Q&A に寄せられる質問です。

パクパク酵母くん 1 日にどれくらい飲めばよいですか?

パクパク酵母くん 1 日にどれくらい飲めばよいですか?

Question
パクパク酵母くん は、1日にどれくらい飲めばよいですか?
Answer

食品ですので特に決まりはございませんが、1 日に 2 包前後を目安にお飲みになる方が多いようです。

体調や体質が気になる場合は、目安よりも少ない量でお試しください。ただし、量を多く飲めば良いというものもありませんが、少ない量ですと全く意味がない場合もございます。

目安量(1日に2包前後)をご参考に、毎日続けることをおすすめします。

パクパク酵母くん には次の 3 種類の酵母が配合されていて、食事で摂取した余分な 糖質 を文字通り カット する働きがあります。

  • パン酵母 小麦に含まれている糖を分解する力が強い
  • 酒粕酵母 お米に含まれている糖を分解する力が強い
  • ワイン酵母 果物に含まれている糖を分解する力が強い

もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。生きている酵母は糖を食べて、水と炭酸ガスに分解してくれます。

ところが、通常、酵母は胃酸で溶かされ腸まではなかなか届きにくいのです。 その点、 糖カット酵母 パクパク酵母くん は、抗酸化物質として知られる アントシアニン ( ムラサキイモ )、 リコピン ( トマト )、フラボノイド ( ルイボス )で補強されていて胃酸への抵抗性が高いため、負けずに生きたままで腸に到達します。体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 パクパク酵母くん の摂取は、 糖質制限食 と同様の効果を発揮します。

また、 パクパク酵母くん は 3 種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合しているのも特徴です。桑は、鎌倉時代にはすでにその効能が知られていたといいますが、近年の研究では、桑に、血糖値の上昇を抑制する効果をもつ成分 DNJ ( 1-デオキシノジリマイシン )が含まれていることが判明しています。

このように、 パクパク酵母くん には、糖を分解する強い力をもつ 酵母 と糖の吸収を抑える のエキスが含まれているため、血糖値のほかにも、血圧、コレステロール、肥満など、血液検査で気になるさまざまな数値の改善をサポートします。

また、原材料をよくご覧になり、苦手な原材料が含まれていないか、ご確認ください。特に敏感な方やアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

  • 内容量:31袋
  • お召しあがり方: 本品は食品ですので用量・用法の規定はありませんが、1日に1~3袋を目安に、水又はぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
  • ご利用上の注意: 開封後は出来るだけ早くお召し上がりください。 原材料の特製上、酵母臭・もろみ臭がありますが品質には問題ありません。 体質に合わない場合は使用を中止してください。 乳児の手の届かないところに保管してください。
  • 販売元:株式会社 毎日笑顔
  • 原材料名: 乾燥酵母(パン酵母)、桑濃縮エキス末、乾燥醸造酵母(清酒酵母、ワイン酵母)、桑葉末、ムラサキイモ末、ルイボスティエキス末、結晶セルロース、トマト色素(リコピン)【原料の一部に大豆含む】

摂取糖分の 7 割をカットするので、好きな物を食べていても酵母がしっかり働く

糖カット酵母 パクパク酵母くん は、腸内でどのような働きをするのでしょうか。3 種の酵母が糖質を分解する様子を、実験によって再現してみました。

体内の温度とほぼ同じである40度のお湯100cc に砂糖5g を溶かし入れ、そこへ糖質カット酵母 2g を投入。間もなく発酵が始まり、10分ほどで水面は泡で覆われます。

これは酵母が糖質をぐんぐん分解している証拠。砂糖の量は時間とともに減少し、4時間で全体の3分の1以上にあたる75% の糖質を分解することがわかりました。

つまり、100 g の白米を3食食べたとしても 糖カット酵母 パクパク酵母くん を摂取していれば、2食分を抜いたことと同様の効果があるといえるのです。 糖カット酵母 「 パクパク酵母くん 」で糖質を分解すれば、好きな物を我慢する必要もなし。おいしい食事に舌鼓をうちながらも、糖質制限が実現されるわけです。

ダイエット中に食べ過ぎてしまった際にも 糖カット酵母 パクパク酵母くん を上手に活用すれば安心です。上手に活用すれば...というのは、食べて直後に パクパク酵母くん を飲む、または、食前に パクパク酵母くん を飲むだけです。

糖カット酵母 パクパク酵母くん がほかの酵母と大きく異なる点は、パン酵母、酒粕酵母、ワイン酵母の3つの酵母が、生きたまま腸まで届くことがあげられます。多くの酵母は胃で消化されてしまいますが、3つの酵母を酸性の人工胃液に加えた実験で、その抜群の酢酸性が証明されました。

一般的に食べ物が胃の中に留まる時間は、消化のよい白米などで 1 ~ 2 時間、消化されにくいバターや肉類などで2~3時間とされています。 パクパク酵母くん の場合は、強い酸に2時間さらされた状態であっても酵母の数はほとんど減ることがありませんでした。3種の酵母は胃の中で食べ物が消化される間も生き伸びることができるため、腸内で糖質や脂質が吸収されるのを抑制してくれるのです。

さらに、桑由来成分を配合した 糖カット酵母 パクパク酵母くん には、食後血糖値の上昇に関係する α-グルコシダーゼ の動きを抑える働きがあります。α-グルコシダーゼ は、摂取したデンプンなどをブドウ糖に分解する酵素です。糖カット酵母 パクパク酵母くん は、この酵素の活性を抑制して糖質の吸収を阻害することで、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあります。

パクパクくん酵母によく寄せられる Q&A 7 項目 パクパクくん酵母 よくある Q&A

Question
「パクパク酵母くん」は、合成保存料・合成着色料は使用されていますか?
Answer

合成保存料・合成着色料は一切使用しておりません。

顆粒の色は酵母を生きたまま腸に届けるためにコーティングしているムラサキイモ末、ルイボスティエキス末、トマト色素(リコピン)に由来する素材の色です。

また、指定添加物に分類される原材料も一切使用しておりません。からだに必要な成分以外の原料は一切使用していないため、素材本来の味が残っております。

パクパクくん酵母によく寄せられる Q&A 7 項目 パクパクくん酵母 よくある Q&A

原材料 パクパク酵母くん よくある Q&A

Question
原材料 パクパク酵母くん 原材料は何が使われていますか
Answer

原材料 は、乾燥酵母(パン酵母)・桑濃縮エキス末・乾燥醸造酵母(清酒酵母・ワイン酵母)・桑葉末・ムラサキイモ末・ルイボスティエキス末/結晶セルロース・トマト色素(リコピン、大豆を含む)です。

また、中国産原料は一切使用しておりません。

原材料の中に大豆由来のレシチンが入っているため、大豆アレルギーの方は飲用をお控えください。なお、原材料名はパッケージにも記載しております。

大豆由来のレシチン とは?

大豆由来のレシチンは、大豆から抽出される天然の脂質です。レシチンは主にリン脂質の一種であり、大豆などの植物性食品に含まれています。この物質は、食品や工業製品など多くの分野で利用されています。

食品業界では、レシチンは乳化剤や安定剤として広く使用されています。例えば、チョコレートの製造時には、レシチンがチョコレートを滑らかにし、質感を良くします。また、パンやペストリーなどのパン生地を柔らかくし、組織を良くするためにも使用されます。

医療分野や栄養補助食品でも、レシチンは利用されます。特に、脂質代謝や肝臓の健康を支援するために、サプリメントとして摂取されることがあります。

原材料 の効能 効果

乾燥酵母
乾燥酵母には、ビタミンB群やタンパク質を中心にいろいろな栄養分が含まれます。それらの栄養を補給をすることで、代謝機能促進、食欲増進、整腸などに効果があります。
桑濃縮エキス末
桑濃縮エキス末は、桑の葉を原料としたエキスを乾燥して粉末にしたものです。桑の葉には、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

桑濃縮エキス末の効能としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 血糖値のコントロール
  • コレステロール値の低下
  • 抗酸化作用
  • 抗菌作用
  • 血圧の降下
  • 肝機能の改善
  • 疲労回復
  • 美肌効果
乾燥醸造酵母(清酒酵母・ワイン酵母)
「乾燥酵母」とも呼ばれます。清酒やワインなどの醸造過程で使用され、酒を発酵させるための微生物です。乾燥酵母は、酵母を乾燥させて粉末状にしたもので、保存が容易で長期間保存することができます。醸造業界では、特定の味や香りを生み出すために様々な種類の乾燥酵母が利用されます。
桑葉末
桑葉末は、桑の葉を乾燥させて細かく粉砕したものです。桑の葉は古くから健康に良いとされ、その葉を乾燥させて粉末化したものが桑葉末です。桑葉にはビタミンやミネラル、ポリフェノール、食物繊維などが含まれており、健康や美容に良いとされる栄養素が豊富に含まれています。
結晶セルロース
結晶セルロースは、セルロースという植物の細胞壁に存在する多糖類(多糖ポリマー)からなる化合物です。セルロースは植物の細胞壁の主要な構成要素であり、植物の形態を保持し、強度や構造を提供する役割を果たしてい
トマト色素

トマト色素は、トマトに含まれる天然の色素成分です。主にトマトの赤色を形成するリコピンが有名ですが、他にもカロテノイドやフラボノイドなど、さまざまな色素成分が含まれています。

リコピンはカロテノイドの一種で、抗酸化作用を持ち、体内での活性酸素の除去に役立ちます。トマト色素は、健康に良いとされ、特にリコピンはがん予防や心血管疾患のリスク低減に関連するとされています。

原材料に中国産が使用されていないメリット

原材料に中国産が使用されていない場合には、いくつかのメリットが考えられます。

  1. 品質と安全性の信頼性: 一部の市場では中国産品の品質や安全性について懸念されることがあります。特に食品や医薬品などの製品において、原材料の生産や処理方法が異なる国々では、品質管理や安全基準が異なることがあります。中国以外の原材料を使用することで、顧客は信頼性の高い製品を期待することができます。

  2. 地域特有の要件や規制への対応: 異なる国々では、製品に関する規制や要件が異なることがあります。特定の市場や地域で使用される原材料が、その地域の規制に合致していることが重要です。中国以外の原材料を使用することで、特定の地域や市場の要求に対応しやすくなります。

ただし、原材料の生産地や製品の品質に関する懸念は、一概にすべての中国製品に当てはまるわけではありません。製造業者は品質管理や安全基準を遵守するための手段を講じることが重要です。特定の原産国を選択する際には、製品の品質、安全性、市場に対する要求について総合的に考慮することが重要です。

パクパク酵母くん は

  • パン酵母
  • 酒粕酵母
  • ワイン酵母

という3種類の酵母を配合し、食事で摂取した 糖質 を文字通りカットする働きがあります。
もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。

ところが通常の酵母は胃酸で溶かされ、なかなか腸まで届きにくいのです。 しかし、「 糖カット酵母 」 は胃酸 への抵抗性が高いため、負けず に生きたままで腸に到達。

体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 糖質制限食 と同様の効果を発揮するのです。 「 糖カット酵母 」 は三種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる、 桑濃縮エキス末、桑葉未 を配合しています。

パクパクくん酵母によく寄せられる Q&A 7 項目 パクパクくん酵母 よくある Q&A

パクパク酵母くん 副作用 はありますか?よくある Q&A で一番多いお問い合わせです。

Question:
パクパク酵母くんに副作用はありますか?
Answer:

食品ですので副作用というものはございません。安心してください。

ただし、体調や体質などによってからだに合わないこともあります。

気になる場合は、初めは量を少なめにし、様子を見ながら量を調節されることをおすすめします。

「 パクパク酵母くん 」の出番です。 パクパク酵母くん には次の 3 種類の酵母が配合されていて、食事で摂取した余分な 糖質 を文字通り カット する働きがあります。

  • パン酵母 小麦に含まれている糖を分解する力が強い
  • 酒粕酵母 お米に含まれている糖を分解する力が強い
  • ワイン酵母 果物に含まれている糖を分解する力が強い

もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。生きている酵母は糖を食べて、水と炭酸ガスに分解してくれます。

ところが、通常、酵母は胃酸で溶かされ腸まではなかなか届きにくいのです。 その点、 糖カット酵母 パクパク酵母くん は、抗酸化物質として知られる アントシアニン ( ムラサキイモ )、 リコピン ( トマト )、フラボノイド ( ルイボス )で補強されていて胃酸への抵抗性が高いため、負けずに生きたままで腸に到達します。体が吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 パクパク酵母くん の摂取は、 糖質制限食 と同様の効果を発揮します。

また、 パクパク酵母くん は 3 種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合しているのも特徴です。桑は、鎌倉時代にはすでにその効能が知られていたといいますが、近年の研究では、桑に、血糖値の上昇を抑制する効果をもつ成分 DNJ ( 1-デオキシノジリマイシン )が含まれていることが判明しています。

このように、 パクパク酵母くん には、糖を分解する強い力をもつ 酵母 と糖の吸収を抑える のエキスが含まれているため、血糖値のほかにも、血圧、コレステロール、肥満など、血液検査で気になるさまざまな数値の改善をサポートします。

また、原材料をよくご覧になり、苦手な原材料が含まれていないか、ご確認ください。特に敏感な方やアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

  • 内容量:31袋
  • お召しあがり方: 本品は食品ですので用量・用法の規定はありませんが、1日に1~3袋を目安に、水又はぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
  • ご利用上の注意: 開封後は出来るだけ早くお召し上がりください。 原材料の特製上、酵母臭・もろみ臭がありますが品質には問題ありません。 体質に合わない場合は使用を中止してください。 乳児の手の届かないところに保管してください。
  • 販売元:株式会社 毎日笑顔
  • 原材料名: 乾燥酵母(パン酵母)、桑濃縮エキス末、乾燥醸造酵母(清酒酵母、ワイン酵母)、桑葉末、ムラサキイモ末、ルイボスティエキス末、結晶セルロース、トマト色素(リコピン)【原料の一部に大豆含む】

摂取糖分の 7 割をカットするので、好きな物を食べていても酵母がしっかり働く

糖カット酵母 パクパク酵母くん は、腸内でどのような働きをするのでしょうか。3 種の酵母が糖質を分解する様子を、実験によって再現してみました。

体内の温度とほぼ同じである40度のお湯100cc に砂糖5g を溶かし入れ、そこへ糖質カット酵母 2g を投入。間もなく発酵が始まり、10分ほどで水面は泡で覆われます。

これは酵母が糖質をぐんぐん分解している証拠。砂糖の量は時間とともに減少し、4時間で全体の3分の1以上にあたる75% の糖質を分解することがわかりました。

つまり、100 g の白米を3食食べたとしても 糖カット酵母 パクパク酵母くん を摂取していれば、2食分を抜いたことと同様の効果があるといえるのです。 糖カット酵母 「 パクパク酵母くん 」で糖質を分解すれば、好きな物を我慢する必要もなし。おいしい食事に舌鼓をうちながらも、糖質制限が実現されるわけです。

ダイエット中に食べ過ぎてしまった際にも 糖カット酵母 パクパク酵母くん を上手に活用すれば安心です。上手に活用すれば...というのは、食べて直後に パクパク酵母くん を飲む、または、食前に パクパク酵母くん を飲むだけです。

糖カット酵母 パクパク酵母くん がほかの酵母と大きく異なる点は、パン酵母、酒粕酵母、ワイン酵母の3つの酵母が、生きたまま腸まで届くことがあげられます。多くの酵母は胃で消化されてしまいますが、3つの酵母を酸性の人工胃液に加えた実験で、その抜群の酢酸性が証明されました。

一般的に食べ物が胃の中に留まる時間は、消化のよい白米などで 1 ~ 2 時間、消化されにくいバターや肉類などで2~3時間とされています。 パクパク酵母くん の場合は、強い酸に2時間さらされた状態であっても酵母の数はほとんど減ることがありませんでした。3種の酵母は胃の中で食べ物が消化される間も生き伸びることができるため、腸内で糖質や脂質が吸収されるのを抑制してくれるのです。

さらに、桑由来成分を配合した 糖カット酵母 パクパク酵母くん には、食後血糖値の上昇に関係する α-グルコシダーゼ の動きを抑える働きがあります。α-グルコシダーゼ は、摂取したデンプンなどをブドウ糖に分解する酵素です。糖カット酵母 パクパク酵母くん は、この酵素の活性を抑制して糖質の吸収を阻害することで、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあります。

パクパク酵母くん原材料はこちらです。

パクパクくん酵母によく寄せられる Q&A 7 項目 パクパクくん酵母 よくある Q&A