菊芋は糖の吸収を抑えるだけでなく弱ったすい臓の働きを助け引水林の分泌も増やす

菊芋の6割を占めるイヌリン

菊芋が糖尿病の改善に役立つのは、主にイヌリンという水溶性食物繊維の働きによると考えられます。乾燥させた菊芋芋では、成分の6割をイヌリンが占めています。

イヌリンは、体内に入ると水分を吸収してゼリー状になり、体内の糖をからめとります。しかも、イヌリンは人問が消化できない成分なので、からめとられた糖は体内に吸収されにくくなり、その分だけ血糖値の上昇が抑えられるのです。

食後の血糖値の急上昇は血管を傷つけ、合併症を引き起こす原図となるため、イヌリンの働きはとても重要といえます。さらにイヌリンには、血糖値を調節するインスリンというホルモンの胱猷を促す働きがあることもわかりました。

ある動物実験によれば、イヌリンが腸に入ると、腸内の細胞を刺激して、インクレチンというホルモンが盛んに分泌されることがわかりました。このインクレチンは、腸から肝臓につながる門脈という血管を通り、肝臓を経由してすい臓に達します。

そして、インスリンを分泌するすい臓のが帥仰胞を刺激するとされています。こうして弱ったすい臓が活気づけば、インスリンの分泌量が増えて、血糖値の急上昇を抑えるのに役立つと考えられるのです。

食物繊維のイヌリンが多い菊芋は、便秘を解消する働きも優れています。糖尿病になると、誰もが便秘になります。これは、血液中の糖を水分で薄めようとするため、排便のための水分が不足するためです。

また、便秘になると、腸に便が長くとどまるため、糖が必要以上に腸壁から吸収され、血糖値を上げる原因になります。菊芋で便秘が解消されれば、高い血糖値を下げるのに役立つ‖はずです。さらに、キクイモをとれば、イヌリンが腸内でオリゴ糖に変わり、善玉菌を増やす働きをします。プロバイオテイクス作用という)。

そのため、整腸作用や便通の改善ばかりか、免疫力 の増強やデトックス(苺出し)作用など、糖尿病以外の健康増進にも大いに役立ちます。

菊芋は生命力が強く、化学肥料や農薬を使わなくても簡単に栽培できます。むしろ、化学肥料や農薬はイヌリンの働きに影響を及ぼすおそれがあるため、使わないで育てるようにしましょう。

食べる際は、食酢と合わせるとイヌリンの成分が壊れてしまうので、酢といっしょにとらないようにしましょう。なお、菊芋の収穫期は1月から3月です。生の菊芋は保存がきかないため、この期間以外は、菊芋を乾燥させて粉末にしたものをとったり、菊芋の成分を抽出した栄養補助食品を利用したりするといいでしょう。粉末にしたものなら保存も効くので利用しやすいでしょう。

きくいもの使用感と効果(糖尿病)https://memo-note.com/kikuimo/