左目の視力が急低下、緑内障と言われたがふくふく本舗の「アサイベリープラチナアイ」で視力回復

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

5年前、目が疲れて視界がぼんやりとするため、眼科を受診したら「緑内障の疑いあり」と指摘されました。

緑内障という目の病気は、日本人の40歳以上の20人に1人がかかるといわれる、失明原因の上位にあがる目の病気ですから不安になりました。 緑内障では、何らかの原因で視神経がいたみ(障害をうけ)、見える範囲(視野)が徐々に欠けて行く病気だそうです。

両目ともに視力はもともといいぼうだったのですが、左目のみ0.4に急低下(右目は1.2)。

特に、日差しの強い時期は紫外線の影響でしょうか?、目の調子が悪く、本格的な緑内障に進行するのではないかと気が気ではありませんでした。

私が、雑誌の記事を読んで「アサイベリー」を知ったのは3年前。アントシアニンの含有量が断然多いというので、アサイベリーの豊富な栄養成分を信じて毎日とることにしたのです。

このころから健康的な生活を心がけ、野菜スープを作ってとったり、積極的に外出して体を動かしたりしました。衰えていた目に改善の兆しが現れたのは、アサイベリーをとりはじめてから3ヶ月ぐらいたった頃でした。

視力検査を受けたら、両目とも視力が1.2と判定されたのです。ぼんやりとしていた視界もクッキリと鮮明になり、緑内障の不安はひとまず解消しました。

現在もアサイベリーをとりつづけているおかげで、両目とも良好な視力をキープし、快適に暮らしています。

ふくふく本舗の「アサイベリープラチナアイ」