アルファックス お医者さんのがっちりコルセットで10年来の腰痛が治り、ウェストが細くなった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

体重増加により持病の腰痛が悪化

私は現在、48歳ですが10年来の持病で腰痛があり、最近は、その腰の痛みがひどくなったのは、体重増加ではないかと思います。体重が増えると腰の痛みがひどくなるそんな感じでした。

私は身長が171 cmで、もともと体重は60 kgでした。ところが、この10年くらいの間に、運動不足や暴飲暴食がたたって、どんどん体重が増えていき、78 kgまで太ってしまいました。

そして、体重の増加に比例して、腰の痛みもひどくなっていったのです。たぶん体重が増えたせいで、腰への負担が増したのだと思います。

それとともに、毎日パソコンの前に座ってデスクワークをしていることや、筋肉の衰えも、腰痛の悪化を招いたのでしょう。いろいろんな要因が悪い方に重なってしまったのでしょう。

腰支えベルトのことを知ったのは、今から1ヶ月ほど前のことでした。「やはり腰痛に悩んでいた知人から、腰支えベルトのことを教えてもらったのです。そのベルトを着けていると、痛みが和らいで、ものすごくらくになるという生の声を聞いて私も早速使ってみることにしました。

食事量が減った

題初に腰支えベルトをつけたときには、締めつけ感が気になり、あまり長時問は着けることができませんでした本当にコレで治るのだろうか?と思いました。しかし、2~3日試しているうちに慣れてきて違和感がなくなり、家にいるときには、ほとんど着用するようになりました。姿勢が安定するのでとても楽でした。

腰支えベルトを着けると、背中がグッと締めつけられて、自然と背すじが伸び、姿勢がよくなります。そのせいか、私の場合はベルトをしていると腰の痛みがとてもらくになるのです。着けた瞬間から変化を感じることができました。

腰支えベルトを使うようになって1ヶ月が過ぎた今では、腰支えベルトを着けていないときも不思議なことに姿勢がよくなり、腰痛を感じることがほとんどなくなりました。

腰の痛みだけでなく変化を感じたのは、ウェストが細くなったことです。

「この腰支えベルトを着けていたら、ウェストのサイズが細くなったのです。以前はウェストが84 cmあり、いつも健康診断のときにメタポリック症候群(メタポリックシンドローム)の診断で引っかかっていました。しかし、たったの2週間で、不思議なことに私のウェストサイズは、78 cmまで縮まったのです。これには驚きました。

さらに、体重も減らせるのではないかと期待しています。まだ体重の変化は見られないものの、腰支えベルトを着けていると、おなかを締めるせいか、以前よりも食事の量が減っています。

体重を落とすことができれば、腰への負担も軽減され、腰痛の改善にもいい影響が出るでしょう。私にとっては、腰支えベルトは本当にすばらしいものです。

姿勢がよくなり腰痛が改善したアルファックス 「お医者さんのがっちりコルセット」はこちら。