タグ「和食」が付けられているもの

和食 食べる順番

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

和食 食べる順番 はどういったのが正しい順番でしょうか。和食の食事を楽しむ際の一般的な順番は次の通りですが、個々の好みや文化によって異なることがあるので、基本的なマナーとしての順番を紹介したいと思います。

和食 食べる順番

4613250_s.jpg

和食の食べる順番は、一般的に「三角食べ」と呼ばれ、汁物、ご飯、おかずの順番で食べるのが一般的なマナーです。

汁物は、食事の最初に食べることで、食欲を増進させ、体温を上げ、冷えを防ぐ効果があります。

ご飯は、汁物に味を馴染ませ、おかずと一緒に食べることで、栄養バランスを整える効果があります。

おかずは、主菜、副菜、付け合わせの順番で食べます。主菜は、肉や魚などのたんぱく質を多く含む料理です。副菜は、野菜やきのこなどのビタミンやミネラルを多く含む料理です。付け合わせは、味噌汁や漬物などの味のアクセントとなる料理です。

和食の食べる順番は、一般的に「三角食べ」と呼ばれ、汁物、ご飯、おかずの順番で食べるのがマナーとされています。

汁物は、食事の最初に食べることで、食欲を増進させ、体温を上げ、冷えを防ぐ効果があります。ご飯は、汁物に味を馴染ませ、おかずと一緒に食べることで、栄養バランスを整える効果があります。おかずは、主菜、副菜、付け合わせの順番で食べます。主菜は、肉や魚などのたんぱく質を多く含む料理です。副菜は、野菜やきのこなどのビタミンやミネラルを多く含む料理です。付け合わせは、味噌汁や漬物などの味のアクセントとなる料理です。

また、和食では、味の薄いものから順番に食べるのもマナーとされています。これは、味の濃いものから食べ始めてしまうと、他の料理の味付けや風味がわかりにくくなるためです。

具体的には、以下の順番で食べるのがマナーとされています。具体的には、次のような順番になります。

  1. 汁物
  2. ご飯
  3. 主菜
  4. 副菜
  5. 付け合わせ

ただし、会席料理などでは、料理の種類や盛り付け方によって、食べる順番が異なる場合があります。また、個人の好みや体調に合わせて、食べる順番を調整しても構いません。

  1. 先附(さきづけ): 季節の小さな前菜や、食欲をそそる前菜が提供されることがあります。

  2. 八寸(はっすん): 八寸は八つの小料理の盛り合わせで、刺身や煮物、焼き物などが含まれることがあります。

  3. 造り(つくり)・刺身(さしみ): 新鮮な魚介類を薄く切って提供されることが一般的です。

  4. 煮物(にもの): 野菜やお肉を煮込んだ料理です。身体を温める効果があることから、食事の中盤に取り入れられることがあります。

  5. 焼き物(やきもの): 魚やお肉を焼いた料理です。焼きたての香りや食感を楽しむために、煮物の後に出されることがあります。

  6. 揚げ物(あげもの): 天ぷらや炒め物などが含まれ、軽めの料理が食べやすいことから後半に提供されることがあります。

  7. 御飯(ごはん)・汁物(しるもの): 最後に、御飯や味噌汁などの主食となる料理が出されます。

  8. 甘味(あまみ): 最後にデザートのような甘味を提供することがあります。

和食では、食材の旬や彩り、季節感を大切にしているため、食事の順番や提供される料理の組み合わせはその時期や店によって異なることがあります。ただし、基本的には軽い料理から始まり、最後にご飯や汁物、甘味を食べることが多いです。

テーブルマナー

「 和 」 の おかず を見栄えよく盛りつける

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「 天盛り 」 とは、何のことかわかるだろうか?料理を てんこ盛り にすることではなくて、煮物をはじめ、酢の物、おひたし、和え物などの上に 「 小高くのせるもの 」 のこと。

japan-food-5066734_640.jpg

すなわち、和のおかずを演出するトッピングの数々。 小高くのせるものの定番といえば、しょうが 青じそ のせん切り ごま 刻みのり しらがねぎ 木の芽 ゆず など。ほんの少しの量でも、仕上げに使えば、料理に彩や香りを添えたり、旬のもので季節感を出すことができる。

たとえば、 ほうれん草 の おひたし はそれだけ盛ると味気ない印象。ところが、 しょうが の せん切り をちょっとのせると色味に変化が出て引きしまり、食欲をそそられる。

また、野菜の 煮物 に ゆずの皮 の せん切り をのせると、季節感が増す。おかず自体は、やはり真ん中が高くなるように 「 山高に盛る 」 と見栄えがよくなる。

こんもりと盛って、トッピングを小高くのせて仕上げる。こんな簡単なことで、シンプルなおかずもごちそうに変わる。

刺身 の盛り方

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

刺身 を盛り付けるとき、気をつけていることはあるだろうか? 普段のおかず用だと 「 パックから出して、そのまま適当に 」 となりがちだが、 刺身 の盛り付け方には昔から伝わる決まりごとがある。

sushi-373585_640.jpg

ポイントは 「 数 」 。奇数単位で盛るのが正しい。その理由は、日本人が古くから 「 奇数は縁起のいい数 」 として好んでいたため。 刺身 を盛り合わせるときも、 「3 種盛り 」 や 「 5種盛り 」 のように奇数の取り合わせにするのがよい 。

さらに、見た目に 「 おいしそう 」 な演出をすることも大事で、気をつけたいのは 刺身 と 「 つま 」 のバランス。

失敗のない盛り方は、まず血のむこう側に大根の細切りなどを高くこんもりと盛り付ける。 その上に大乗などを置き、 刺身 を立てかけるように並べていく。わさび は手前に。奥は高く、手前は低くすれば見た目にきれい。

「 おいしい 」 という感覚は五感で決めるもの。 視覚的にも満足するよう、食欲をそそる盛り付け方を工夫してみよう。

魚の選び方 |魚の安全性を高めるはこちらのブログから。