女にもある脱腸の実際

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

脱腸というといわゆる「キンタマ袋が垂れ下がる」男性専科の病気のようですが、女性にもあります。

体の中の壁をつくっている膜を破って、中にあるものが外へ出てくる病気をヘルニアといい、その代表的なものが脱腸です。

脱腸の中で一番多いのが鼠径ヘルニア。これは鼠径部と呼ばれる股のつけ根にある鼠径管というすき間の筋肉の弱いところから小腸が出てくるもので、男性の場合、股のつけ根から陰のうにかけて出ます。

男は胎児のときはキンタマをおなかの中にもっています。それが生まれる直前に、鼠径管のすき聞から陰のうに下がってくるのですが、自然に閉じるはずが少し開いているものだから、泣いたり力んだときに腸の一部が落ち込んできます。

子供のころに脱腸が多いのはそんな理由です。女性の場合は大陰唇のところがふくらみます。また、子供のころだけでなく、成人になっても起こり、発生年齢はまちまちです。

ほかに太ももの内側上部に起こる股ヘルニアや、出べそ状にふくらむ臍(帯) ヘルニアなどがあります。妙なところに腸が出てくるわけだから、それは気持ちのいいものじゃないのですが、別に痛みもありません。安静にしていれば出ないので、バンドなどで押さえていることが多いのですが、あまり頻繁なら手術して閉じます。

高齢になってから脱腸になる人が少なくないのは、年をとると内臓にも張りがなくなり、各所にすき間ができるからです。

医療に関連する疑問あんなことこんなこと14項目