意外に身近な「変死の実態」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「変死」というと、TVの影響が大きいのか?なんだか事件めいた印象を受けますが、これが案外日常的にあります。

たとえば、夜中に家の人が倒れ、死んでしまったとします。近所のお医者さんに連絡して来てもらうと、お医者さんは死亡を確認します。そのお医者さんがかかりつけで、故人のカルテを持つていればいいが、そうでないとき、お医者さんは警察を呼びます。

つまり、病歴がわからない、あるいは原因不明の突然死の場合、お医者さんは死因の判断を下せないのです。ただ死亡を確認するだけ。こういう場合、死因は警察に同行した監察医(死因を解明するために、現場に立ち合って死体を調べる医師のこと)によって判断されます。

事故や自殺の可能性を調べ、必要によっては解剖にまわすことになります。では、家の人が倒れた時点で救急車を呼んだ場合はどうでしょうか。救急車は死体を乗せられないことになっています。ところが、死亡を確認するのはお医者さんに限られているから、明らかに死んでいるとわかっていても、とりあえず病人として救急車に乗せ、病院へ向かいます。

もちろん、車内では救急救命士がさ蘇生術を施しますが、完全に死んでいたらそれもむなしいものです。こうして救急車に乗った死人は、病院でお医者さんによりはじめて死亡が確認されます。

つまり、「変死」かどうかは死亡を確認する役目の医者がいた場所によって決まるということです。

医療に関連する疑問あんなことこんなこと14項目